「松平不昧 生誕270年 茶の湯の美」出光美術館

「松平不昧 生誕270年 茶の湯の美」出光美術館

名称:「松平不昧 生誕270年 茶の湯の美」出光美術館
会期:2021年4月13日(火)~5月30日(日)
開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
  ※毎週金曜日は10:00~19:00(入館は18:30まで)
休館日:毎週月曜日(ただし月曜日が祝日および振替休日の場合は開館)
住所:〒100-0005東京都千代田区丸の内3-1-1 帝劇ビル9F
TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)
URL:出光美術館
鎌倉時代に禅宗とともに中国より請来された喫茶の風習は、室町時代・桃山時代・江戸時代と時が流れてゆく中で、侘び・寂びなど日本人の美意識を反映しながら「茶」の文化を形成してゆきます。そして、茶の湯が発展すると同時に、数々の美術品が賞玩され、用いられてきました。足利将軍家を中心とした茶の湯では唐物が好まれ、侘茶の始祖とされる珠光(1423? – 1502)をはじめとする茶人や武将らに好まれたことにより、高麗物や和物にも光が当てられるようになります。やがて千利休(1522 – 91)によって侘茶が大成されると、その精神は古田織部(1544 – 1615)らに大きな影響を与えます。さらに、江戸時代には小堀遠州(1579 – 1647)や松平不昧(治郷、1751 – 1818)らによって、新しい茶の湯として形づくられてゆきますが、時代によって人々の趣向・好みが、変わる様子もうかがえます。 本年は、大名茶人・松平不昧の生誕270年の記念の年です。本展では、雲州松平家の蔵帳である『雲州蔵帳』をはじめ、不昧が蒐集した茶道具とともに、出光コレクションにおける茶の湯の名品を厳選しました。日本人が憧れ好んだ掛物や花生、茶入や茶碗、水指など、茶の湯にまつわる美術をご紹介します。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 「昆虫画家 稲田務の世界」本間美術館
  2. 「古代エジプト美術館展」福井県立美術館
  3. 現代陶芸の「すがた」と「はだ」佐野市立吉澤記念美術館
ページ上部へ戻る