企画展「小沢剛 オールリターン —百年たったら帰っておいで 百年たてばその意味わかる」弘前れんが倉庫美術館

企画展「小沢剛 オールリターン —百年たったら帰っておいで 百年たてばその意味わかる」弘前れんが倉庫美術館

名称:企画展「小沢剛 オールリターン —百年たったら帰っておいで 百年たてばその意味わかる」弘前れんが倉庫美術館
会期:2020年10月10日(土)~2021年3月21日(日)
休館日:火曜日(11/3、2/23は開館)、11/4、12/26〜1/1、2/24
開館時間:9:00~17:00(入館は閉館の30分前まで)
入場料:一般=1,300(1,200)円
  大学生・専門学校生=1,000(900)円
  *( )内は20人以上の団体料金
  *高校生以下・弘前市内の留学生・満65歳以上の弘前市民・ひろさき多子家族応援パスポートをご持参の方・障がいのある方と付添の方1名は無料
〒036-8188青森県弘前市吉野町2-1
TEL:0172-32-8950
URL:弘前れんが倉庫美術館
 ⾵景の中に⾃作の地蔵を建⽴し写真に収める《地蔵建⽴》や、⽇本美術史上の名作を醤油で描いてリメイクした《醤油画資料館》など数々のシリーズ作品を発表し、世界的に活躍する現代アーティストの⼩沢剛。…
このたびの東北地⽅初となる⼤規模な個展に際し、作家は弘前ゆかりの近現代の⼈物「S.T.」を題材とした、本シリーズの新作を構想。イランの看板職⼈やミュージシャンらの協⼒を得て制作された新作とともに、シリーズ全5作品を新たに構成し直し⼀挙に公開。歴史上の偉⼈たちのあまり知られていない側⾯に光を当て、⽂化の違いや時空を超えて、我々の⽣きる「今」についての思索を促す《帰って来た》シリーズを包括的に捉えます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. SHO(笑)TIME! 戯画展(後期)「歌川広景 江戸名所道外尽」川崎浮世絵ギャラリー
  2. 企画展「異世界を旅する画家たち アートが誘う冒険の旅」笠間日動美術館
  3. 「第4回 FROM —それぞれの日本画—」郷さくら美術館
ページ上部へ戻る