「上野リチ:ウィーンからきたデザイン・ファンタジー」京都国立近代美術館

「上野リチ:ウィーンからきたデザイン・ファンタジー」京都国立近代美術館

名称:「上野リチ:ウィーンからきたデザイン・ファンタジー」京都国立近代美術館
会期:2021年11月16日(火)~2022年1月16日(日)
開館時間:午前9時30分~午後5時
  金曜日、土曜日は午後8時まで開館
  *入館は閉館の30分前まで
  *新型コロナウイルス感染拡大防止のため、開館時間は変更となる場合があります。来館前に最新情報をご確認ください。
休館日:月曜日及び12月28日(火)~1月3日(月)
  *ただし1月10日(月・祝)は開館
主催:京都国立近代美術館
  朝日新聞社
住所:〒606-8344京都府京都市左京区岡崎円勝寺町
TEL:075-761-4111
URL:京都国立近代美術館

「上野リチ:ウィーンからきたデザイン・ファンタジー」京都国立近代美術館
「上野リチ:ウィーンからきたデザイン・ファンタジー」京都国立近代美術館

 ウィーンと京都で活躍したデザイナー、上野リチ・リックス(1893-1967)の世界初の回顧展を開催します。芸術爛熟期のウィーンに生まれたリチは、ウィーン工房の一員として活躍し、日本人建築家・上野伊三郎との結婚を機に京都に移り住みます。戦前はウィーンと京都を行き来しながら、壁紙やテキスタイルなどの日用品や室内装飾など多彩なデザインを手がけました。戦後は夫婦ともに京都市立芸術大学で教べんをとり、後にはインターアクト美術学校を設立して、後進の育成にも尽力しました。本展では、当館所蔵作品に加え、国内外の機関からリチそして関連作家の作品を招来し、色彩豊かな魅力あふれるリチのデザイン世界の全貌を明らかにします。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る