「ミニ企画展 『雅言分類』(がげんぶんるい)~国学者が編んだ辞書~」文京ふるさと歴史館

  • 2021/2/21
  • 「ミニ企画展 『雅言分類』(がげんぶんるい)~国学者が編んだ辞書~」文京ふるさと歴史館 はコメントを受け付けていません
「ミニ企画展 『雅言分類』(がげんぶんるい)~国学者が編んだ辞書~」文京ふるさと歴史館

名称:「ミニ企画展 『雅言分類』(がげんぶんるい)~国学者が編んだ辞書~」文京ふるさと歴史館
会期:2021年1月5日~2021年4月25日
時間:午前10時~午後5時
休館日:毎週月曜日、毎月第4火曜日
  ※祝日にあたるときは開館し翌日休館
  ※特別展、収蔵品展開催期間中及び夏休み期間中の第4火曜日は開館
  定期燻蒸期間、年末年始
入館料:100円、団体(20人以上)70円
  中学生以下・65歳以上、「身体障害者手帳」「愛の手帳(療育手帳を含む)」「精神障害者保健福祉手帳」「戦傷病者手帳」をお持ちの方とその介護の方(1名)、「友の会」会員の方は無料
  特別展開催中は別に定めます。
住所:〒113-0033東京都文京区本郷4-9-29
TEL:03-3818-7221
URL:文京ふるさと歴史館
 館蔵佐々木勇之助家資料から、勇之助の父佐々木丈雄が編んだ雅語(和歌などに使われる正しい日本語)の辞典『雅言分類』と、その製作資料を紹介します。
『雅言分類』は全18巻が手書きされ、その採用語数は48,200語以上に及ぶ大部の辞典です。(同時期に成立したと考えられ、日本初の近代的国語辞典と言われる大槻文彦『言海』が、約39,100語です)

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る