TENJIN MATSURI 梅佳代「天神さま」 川島小鳥「ピンクの光線」三菱地所アルティアム

TENJIN MATSURI 梅佳代「天神さま」 川島小鳥「ピンクの光線」三菱地所アルティアム

名称:TENJIN MATSURI 梅佳代「天神さま」 川島小鳥「ピンクの光線」三菱地所アルティアム
会期:2021年3月20日(土) − 5月16日(日)
開館時間:10:00 – 20:00
休館日:4月20日(火)
住所:〒810-0001福岡県福岡市中央区天神1-7-11 イムズ8F
TEL:092-733-2050
URL:三菱地所アルティアム
 本展は、2021年8月31日に閉館を迎えるイムズと三菱地所アルティアムにとって、最後の創業記念日4月12日を飾る特別な展覧会です。再開発の渦中である福岡・天神で、2人の写真家が街とその街にかかわる人々を撮影しました。
こどもから大人、そして著名人まで被写体の飾らない姿を、絶妙な距離感とタイミングで切り取る共通点をもちながら、全く異なる作風をみせる2人。梅佳代の作品は、独自の観察眼と客観的な視点で、何気ない日常の瞬間を切り取り、被写体のありのままの魅力を引き出します。そんな梅は、天神の街を行き交う人や働く人を撮影しました。一方で、川島小鳥の作品は、ノスタルジーとみずみずしさが入り混じり、その眼差しや存在の曖昧さが、捉えどころのない感覚を抱かせます。今回、川島は、福岡に暮らすように滞在を重ね、街に溶け込み人や風景を撮影しました。
2人の作品をアートディレクターとして魅力的に展開するのは、これまで梅と川島の写真集や展覧会を手がけてきた祖父江慎。第一線で活躍を続ける写真家2人の撮り下ろし作品が、同じ空間で対面する貴重な機会をどうぞお見逃しなく。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「子どもたちの成長を祝う 本間美術館のひな祭り」本間美術館
  2. 「空間を彩る屛風―広がる大画面(ワイドスクリーン)―」細見美術館
  3. 企画展「ミニチュア愛(らぶ)!」紅ミュージアム
ページ上部へ戻る