「山﨑家庭園・茶室の公開(春)」中野区立歴史民俗資料館

「山﨑家庭園・茶室の公開(春)」中野区立歴史民俗資料館

名称:「山﨑家庭園・茶室の公開(春)」中野区立歴史民俗資料館
会期:2021年4月20日(火)〜5月9日(日)
公開時間:9時~16時(※雨天、荒天時は公開中止)
料金:入館料 無料
休館日:月曜日
住所:〒165-0022 東京都中野区江古田四丁目3番4号
TEL:03-3319-9221
URL:中野区立歴史民俗資料館
山﨑家は農業のかたわら質屋の営業、のちに醤油醸造にも進出し、
江戸近郊でも有力な富家となりました。また、江古田村丸山組の名主や、明治維新後
には官選の名主、戸長を経て東京府会議員、野方村長などをつとめました。
名誉都民である八代目喜作氏の時に、資料館用地と資料群が中野区に寄贈されました。
庭園のなかには椎の巨木がそびえ、いくつかの石造物が配置されています。
茶室・書院の建物は天保12年(1841)に建てられ、「中野筋」の鷹場であった当地に
幕府役人が来た際、ここに立ち寄ったといわれています。
庭園・茶室の公開期間中の4月20日(火)~25日(日)は、資料館内にて
山﨑家資料の名品もあわせてご覧いただけます。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「いつか夢見た桃源郷 川端龍子の戦後の作品から」大田区立龍子記念館
  2. 「奇跡のシールアート 大村雪乃の世界 Beautiful Lights」釧路市立美術館
  3. テーマ展示「きせかえ遊び ~小さなきものと女子の裁縫教育~」紅ミュージアム
ページ上部へ戻る