GENKYO 横尾忠則「現郷から幻境へ、そして現況は?」大分県立美術館

GENKYO 横尾忠則「現郷から幻境へ、そして現況は?」大分県立美術館

名称:GENKYO 横尾忠則「現郷から幻境へ、そして現況は?」大分県立美術館
開催期間:2021年12月4日(土)~2022年1月23日(日)
開館時間:10:00~19:00
  ※金・土曜日は20:00まで(入場は閉館の30分前まで)
休展日:なし
会場:1階 展示室A
主催者:公益財団法人大分県芸術文化スポーツ振興財団・大分県立美術館、朝日新聞社
観覧料:
  一般 1200(1000)円
  大学・高校生 1000(800)円
  ※( )内は前売りおよび20名以上の有料団体料金
住所:〒870-0036大分県大分市寿町2-1
TEL:097-533-4500
URL:大分県立美術館
横尾忠則(1936年生まれ)は、1960年代初頭よりグラフィック・デザイナー、イラストレーターとして活動を開始し、日本の土俗的なモティーフとポップ・アート的な感覚を融合させた独自の表現で注目されました。1980年代には「画家・芸術家」へと活動領域を移し、斬新なテーマと表現により作品を次々と発表し、高い評価を得ます。「原郷」とは、横尾の作品を理解する鍵であり、変幻自在な絵画世界を支えるイメージの源泉です。本展は、絵画やグラフィック作品を通して、横尾の生涯をたどり、その芸術の全貌を明らかにします。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る