特別展「鷹野隆大 毎日写真1999-2021」国立国際美術館

特別展「鷹野隆大 毎日写真1999-2021」国立国際美術館

名称:特別展「鷹野隆大 毎日写真1999-2021」国立国際美術館
開催期間:2021年6月29日(火)– 2021年9月23日(木・祝)
開催時間:10:00 – 17:00、金曜・土曜は21:00まで
  ※入場は閉館の30分前まで
休館日:月曜日(ただし、8月9日(月・休)、9月20日(月・祝)は開館し、8月10日(火)は休館)
主催:国立国際美術館、朝日新聞社
協賛:公益財団法人ダイキン工業現代美術振興財団
協力:Yumiko Chiba Associates
住所:〒530-0005大阪府大阪市北区中之島4-2-55
TEL:06-6447-4680
URL:国立国際美術館
 女か男か、ホモかヘテロか、といった人間の性にまつわる二項対立のはざまにある、曖昧なものの可視化を試みた写真集『IN MY ROOM』(2005年刊行)によって木村伊兵衛写真賞を受賞した鷹野隆大(1963-)は、ジェンダーやセクシャリティをテーマとする写真家として、一般に認知されています。他方、1998年から毎日欠かさず写真を撮ることを自分に課して、様々な実験的撮影を試み、制度化された眼差しや、写真という媒体の特性とその限界について、考察を重ねてきました。鷹野はそのプロジェクトを「毎日写真」と名付けて、実践し続けています。美術館における初の大規模な個展となる本展は、鷹野の芸術活動の根幹を成すその「毎日写真」を主軸としながら、ジェンダー・セクシャリティ系の出世作や、日本特有の無秩序な街並みの写真「カスババ」、定点観測的な「東京タワー」、東日本大震災が契機となり近年注力する影の作品など、約130点を時系列に展示します。世代屈指の写真家・鷹野隆大の思索の変遷を顧みて、その実像に迫ります。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「人魚姫・金魚姫」BOOKS & GALLERY cafe 点滴堂
  2. 「沼田月光 雨上がり」gallery UG Osaka Umeda
  3. 特集展示「さわって体験!本物のひみつ2024」九州国立博物館
ページ上部へ戻る