山本作兵衛コレクション ユネスコ「世界の記憶」登録十周年記念展「作兵衛さんと生きている」田川市美術館

山本作兵衛コレクション ユネスコ「世界の記憶」登録十周年記念展「作兵衛さんと生きている」田川市美術館

名称:山本作兵衛コレクション ユネスコ「世界の記憶」登録十周年記念展「作兵衛さんと生きている」田川市美術館
会期:令和3年5月18日(火)~6月27日(日)
時間:9:30~17:30(最終日は16:30) ※入館は閉館の30分前まで
会場:中央展示室
観覧料:一般400円(300円)/高大生100円(50円)/中学生以下無料
    ※田川市在住の方は、身分証明書を提示していただくと( )内の料金で入館が可能
〒825-0016 福岡県田川市新町11-56
Tel :0947-42-6161
URL:田川市美術館

山本作兵衛コレクション ユネスコ「世界の記憶」登録十周年記念展「作兵衛さんと生きている」田川市美術館
山本作兵衛コレクション ユネスコ「世界の記憶」登録十周年記念展「作兵衛さんと生きている」田川市美術館

山本作兵衛の炭坑記録画等がユネスコ「世界の記憶」に登録されて10年となりました。この節目の年に、田川市石炭・歴史博物館と田川市立図書館と連携して、10周年記念展を開催します。
作兵衛は子どものころから炭坑で両親の仕事を手伝い、14歳のときに炭鉱員として働きはじめます。その後、仕事をしながら日々の記録を残していましたが、60歳を過ぎてから、「子や孫にヤマ(炭坑)の生活や人情をのこしたい」という想いのもと1000点を超える炭坑の絵を描きました。
当館では炭坑記録画や関連資料を展示するとともに、作兵衛の記録画や生き方に魅せられ共鳴した作家たちの作品をご紹介します。
一人の記憶が絵となり文となり広がって、多くの人々の記憶となっていきます。過去の記憶を振り返るだけではなく、これからの未来を考えるきっかけとなることを願って。
いまこの瞬間も作兵衛さんと生きている。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. SHO(笑)TIME! 戯画展(後期)「歌川広景 江戸名所道外尽」川崎浮世絵ギャラリー
  2. 企画展「異世界を旅する画家たち アートが誘う冒険の旅」笠間日動美術館
  3. 「第4回 FROM —それぞれの日本画—」郷さくら美術館
ページ上部へ戻る