開館40周年記念企画展示「七つの海を越えて」横浜開港資料館

開館40周年記念企画展示「七つの海を越えて」横浜開港資料館

名称:開館40周年記念企画展示「七つの海を越えて」横浜開港資料館
会期:2021年4月24日(土)~7月11日(日)
開館時間:9:30~17:00(入館は16:30まで)
  ※閲覧室は10:00~16:30(資料の出納・複写申込は16:00まで)
休館日:月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)
住所:〒231-0021神奈川県横浜市中区日本大通3
TEL:045-201-2100
URL:横浜開港資料館

開館40周年記念企画展示「七つの海を越えて」横浜開港資料館
開館40周年記念企画展示「七つの海を越えて」横浜開港資料館

1981年、旧英国総領事館の敷地に開館した当館は、日英のつながりを示す歴史資料を積極的に収集し、また調査研究を積み重ねてきました。開館40周年を記念して開催する本展では、日英関係の黎明期とも言うべき江戸時代(1600~1868年)に目を向け、イギリス人が見た日本の様相と日本人が観察したイギリス人の姿を2期(Ⅰ期:江戸時代初期~後期 Ⅱ期:幕末期)にわけて紹介します。

Ⅰ期「「鎖国」下の日本とイギリス」では、17世紀から19世紀はじめの日本とイギリスの結びつきを探ります。いわゆる「鎖国」のもと、ほとんど関係がなかったと思われがちなこの時代の両国ですが、資料からは世界情勢の波に翻弄されながらも日本に近付こうとするイギリス人と、そのイギリス人に向き合う日本列島のひとびとの姿が浮かび上がります。いくつもの海を越えてつながりを築くにいたった日英関係の源流を、当館の貴重な所蔵資料から考えます。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る