企画展「唐絵―尾張徳川家の中国絵画―」徳川美術館

企画展「唐絵―尾張徳川家の中国絵画―」徳川美術館

名称:企画展「唐絵―尾張徳川家の中国絵画―」徳川美術館
会期:2021年11月13日 (土) ~ 2021年12月12日 (日)
開館時間:午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日:月曜日
観覧料:
  一般 1,400円・高大生 700円・小中生 500円
  (特別公開「国宝 源氏物語絵巻 修復記念展示」と共通)
  ※20名様以上の団体は一般200円、その他100円割引
  ※毎週土曜日は小・中・高生入館無料
住所:〒461-0023愛知県名古屋市東区徳川町1017
TEL:052-935-6262
URL:徳川美術館

尾張徳川家では、室町将軍家に蔵されたと伝えられる名品「東山御物(ひがしやまごもつ)」を中核として、多くの中国絵画を収集してきました。尾張徳川家の350年余りの長い歴史の中で、散逸してしまった作品も少なくありませんが、幸いに収蔵品の来歴等を記録した蔵帳が多数伝存しており、尾張徳川家を離れた作品も含めその収集の実態をたどることができます。徳川美術館の所蔵する東山御物をはじめとする尾張徳川家伝来の中国絵画を蔵帳とともに初めて全点公開し、大名家の筆頭であった同家における中国絵画受容の様相に迫ります。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る