企画展「唐絵―尾張徳川家の中国絵画―」徳川美術館

企画展「唐絵―尾張徳川家の中国絵画―」徳川美術館

名称:企画展「唐絵―尾張徳川家の中国絵画―」徳川美術館
会期:2021年11月13日 (土) ~ 2021年12月12日 (日)
開館時間:午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日:月曜日
観覧料:
  一般 1,400円・高大生 700円・小中生 500円
  (特別公開「国宝 源氏物語絵巻 修復記念展示」と共通)
  ※20名様以上の団体は一般200円、その他100円割引
  ※毎週土曜日は小・中・高生入館無料
住所:〒461-0023愛知県名古屋市東区徳川町1017
TEL:052-935-6262
URL:徳川美術館

孫億筆 花鳥図屏風 六曲一双の内 左隻(部分)徳川将軍家伝来・聖聡院従姫(9 代宗睦嫡子治行正室)所用 清時代 18世紀 徳川美術館蔵 ※前・後期で左右隻展示替
孫億筆 花鳥図屏風 六曲一双の内 左隻(部分)徳川将軍家伝来・聖聡院従姫(9 代宗睦嫡子治行正室)所用 清時代 18世紀 徳川美術館蔵 ※前・後期で左右隻展示替

尾張徳川家では、室町将軍家に蔵されたと伝えられる名品「東山御物(ひがしやまごもつ)」を中核として、多くの中国絵画を収集してきました。尾張徳川家の350年余りの長い歴史の中で、散逸してしまった作品も少なくありませんが、幸いに収蔵品の来歴等を記録した蔵帳が多数伝存しており、尾張徳川家を離れた作品も含めその収集の実態をたどることができます。徳川美術館の所蔵する東山御物をはじめとする尾張徳川家伝来の中国絵画を蔵帳とともに初めて全点公開し、大名家の筆頭であった同家における中国絵画受容の様相に迫ります。

重要文化財 玉澗筆 遠浦帰帆図 名物 室町将軍家・豊臣秀吉・徳川家康・徳川義直(尾張家初代)ほか所用 南宋時代 13世紀 徳川美術館蔵
重要文化財 玉澗筆 遠浦帰帆図 名物 室町将軍家・豊臣秀吉・徳川家康・徳川義直(尾張家初代)ほか所用 南宋時代 13世紀 徳川美術館蔵
蕭山陳佑 満畦生意図 明時代 15世紀 徳川美術館蔵
蕭山陳佑 満畦生意図 明時代 15世紀 徳川美術館蔵
重要文化財 伝陳容筆 龍図 二幅対の内 徳川家康・徳川義直(尾張家初代)他所用 南宋時代 13世紀 徳川美術館蔵
重要文化財 伝陳容筆 龍図 二幅対の内 徳川家康・徳川義直(尾張家初代)他所用 南宋時代 13世紀 徳川美術館蔵
呉偉筆 許由巣父図 明時代 15-16世紀 徳川美術館蔵 ※11月13日~28日公開
呉偉筆 許由巣父図 明時代 15-16世紀 徳川美術館蔵 ※11月13日~28日公開
企画展「唐絵―尾張徳川家の中国絵画―」徳川美術館
企画展「唐絵―尾張徳川家の中国絵画―」徳川美術館

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. SHO(笑)TIME! 戯画展(後期)「歌川広景 江戸名所道外尽」川崎浮世絵ギャラリー
  2. 企画展「異世界を旅する画家たち アートが誘う冒険の旅」笠間日動美術館
  3. 「第4回 FROM —それぞれの日本画—」郷さくら美術館
ページ上部へ戻る