「久保修 紙のジャポニスム~Kirié 線のかたち~A World of Kirié by KUBO Shu」下関市立美術館

「久保修 紙のジャポニスム~Kirié 線のかたち~A World of Kirié by KUBO Shu」下関市立美術館

名称:「久保修 紙のジャポニスム~Kirié 線のかたち~A World of Kirié by KUBO Shu」下関市立美術館
開催期間:2021年7月17日(土曜日)~9月5日(日曜日)
住所:〒752-0986山口県下関市長府黒門東町1-1
TEL:083-245-4131
URL:下関市立美術館

美祢出身で国際的に活躍する切り絵画家・久保修の活動50年を記念し、初期から近作までの作品を紹介します。<和紙>をベースに多彩な技法・材料を駆使して日本の風土を描いた久保の作品は「紙のジャポニスム」とも称され、海外でも人気を博しています。 日本国内では、缶ビールや京都名菓八つ橋のパッケージデザイン、切手、年賀状のデザインを手掛けるなど多方面で活躍しています。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る