「2021コレクション展Ⅱ OPAM のにんきもの」大分県立美術館

「2021コレクション展Ⅱ OPAM のにんきもの」大分県立美術館

名称:「2021コレクション展Ⅱ OPAM のにんきもの」大分県立美術館
開催期間:7月16日(金)~9月12日(日)<前期>7月16日(金)~8月10日(火)<後期>8月12日(木)~9月12日(日)
開館時間:10:00~19:00 金曜日・土曜日は20:00まで(入場は閉館の30分前まで)
休展日:8月11日(水)
会場:大分県立美術館 3階 コレクション展示室
主催者:公益財団法人大分県芸術文化スポーツ振興財団・大分県立美術館
観覧料:
  一般 300(250)円
  大学・高校生 200(150)円
  ※( )内は20名以上の団体料金
住所:〒870-0036大分県大分市寿町2-1
TEL:097-533-4500
URL:大分県立美術館

この夏、OPAMにはにんきものが大集合!
本展では、「OPAMのにんきもの」と題して、館蔵品の中から朝倉文夫や福田平八郎らによる動物のかわいらしい姿やのびのびとした動きに注目した作品や、江戸時代においてブロマイドやファッション誌のような役割を果たした役者絵、美人絵といったジャンルの浮世絵など、様々な視点で捉えた「にんきもの」作品をご紹介します。
OPAMのアイドル的な作品をたくさんお見せしますので、展示をご覧いただき、「推し」の作品を見つけていただければ幸いです。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. SHO(笑)TIME! 戯画展(後期)「歌川広景 江戸名所道外尽」川崎浮世絵ギャラリー
  2. 企画展「異世界を旅する画家たち アートが誘う冒険の旅」笠間日動美術館
  3. 「第4回 FROM —それぞれの日本画—」郷さくら美術館
ページ上部へ戻る