「ザ・フィンランドデザイン展 ―自然が宿るライフスタイル―」北九州市立美術館 本館・アネックス

「ザ・フィンランドデザイン展 ―自然が宿るライフスタイル―」北九州市立美術館 本館・アネックス

名称:「ザ・フィンランドデザイン展 ―自然が宿るライフスタイル―」北九州市立美術館 本館・アネックス
会期:2021年6月26日(土)~8月29日(日)
会場:北九州市立美術館本館
開館時間:9:30~17:30(入館は17:00まで)
休館日:月曜日(ただし月曜日が祝日・振替休日の場合は開館し、翌火曜日が休館)
観覧料:一般  1,300(1,100)円
    高大生  800 (600)円
    小中生  600 (400)円
    ※( )内は前売りおよび20名以上の団体料金。なお障害者手帳を提示の方は無料。北九州市在住の65歳以上の方は2割減免(公的機関発行の証明書等の提示が必要)。
主催:フィンランドデザイン展実行委員会(北九州市立美術館、毎日新聞社、RKB毎日放送)
後援:フィンランド大使館、九州旅客鉄道株式会社、西日本鉄道株式会社、北九州モノレール、筑豊電気鉄道株式会社、株式会社スターフライヤー、北九州市、北九州市教育委員会 、東アジア文化都市北九州実行委員会
特別協力:HAMヘルシンキ市立美術館、HAM、helsinki
協力:フィンエアー、フィンエアーカーゴ、フィンランドセンター
企画協力:S2
制作協力:NHKプロモーション
住所:〒804-0024福岡県北九州市戸畑区西鞘ヶ谷町21-1
TEL:093-882-7777
URL:北九州市立美術館 本館・アネックス

豊かな自然と美しいデザインの宝庫である北欧フィンランド。1917年にロシアから独立したフィンランドは、首都ヘルシンキを中心に近代化が進み、1930年代から1970年代にかけて多くのデザイナーやアーティスト、建築家が誕生しました。彼らのインスピレーションの源は、「大いなる自然を忘れない」という考えに裏付けられたもので、その優れたデザイン・プロダクツは、自然と共に生きるフィンランドの人々の暮らしに寄り添い、長く愛されてきました。
本展では、フィンレイソン社やマリメッコ社のテキスタイルをはじめ、同時代の絵画、アルヴァ・アアルト(1898-1976)、カイ・フランク(1911-1989)ら巨匠たちのガラス工芸や陶磁器、家具など、日本で根強い人気を誇るデザイン・プロダクツや作品を一堂に展示します。ヘルシンキ市立美術館監修のもと、フィンランド・デザイン・ミュージアム、タンペレ市立歴史博物館などのコレクション作品約250点と関連資料約80点を通じて、フィンランドの人々の豊かなライフスタイルと、彩りに溢れ創造に満ちたデザインの数々を紹介します。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る