「竹の魅力 再発見」白鹿記念酒造博物館(酒ミュージアム)

「竹の魅力 再発見」白鹿記念酒造博物館(酒ミュージアム)

名称: 「竹の魅力 再発見」白鹿記念酒造博物館(酒ミュージアム)
日時:2021年7月21日(水)〜9月5日(日)
開館時間:午前10時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
料金:一般500円、中・小学生250円(記念館・酒蔵館の共通券)
休館日:火曜日 ※8月17日(火)〜19日(木)は夏期休館となります。
住所:〒662-0926 兵庫県西宮市鞍掛町8-21
TEL:0798-33-0008
URL:白鹿記念酒造博物館(酒ミュージアム)

日本各地にみられる竹。節目があり真っすぐに育つ姿から人の理想とする生き方にも例えられ、高潔さや繁栄の象徴とされてきました。また、堅くしなやかな特徴から、桶や樽のタガをはじめ日常品や工芸品の素材としても利用されてきました。
竹にまつわるさまざまな作品から、日本人にとって身近な植物として生活に根付いてきた竹の姿をご紹介します。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 特別展「法然と極楽浄土」東京国立博物館
  2. 井上安治生誕160年記念「情景の絵師がみつめたModern times ガス燈ともる東京風景」展 ガスミュージアム
  3. 「生誕120年記念 黒田辰秋」鍵善良房
ページ上部へ戻る