昭和のキャバレー王が愛した絵画「コレクター福富太郎の眼」高知県立美術館

北野恒富《道行》1913年頃 福富太郎コレクション資料室

名称:昭和のキャバレー王が愛した絵画「コレクター福富太郎の眼」高知県立美術館
会期:2022年01月29日[土] – 2022年03月21日[月]
住所:〒781-8123高知県高知市高須353-2
TEL:088-866-8000
URL:高知県立美術館

「昭和のキャバレー王」として知られた福冨太郎(1931-2018)は、自身の旺盛な探求心により、他のコレクターとは一線を画す個性豊かな絵画コレクションを築き上げました。本展ではコレクションのきっかけとなった鏑木清方をはじめとする美人画から、 黎明期の洋画や戦争画まで約80点を展示します。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る