再開記念展「松岡コレクションの真髄」松岡美術館

青花龍唐草文天球瓶

名称:再開記念展「松岡コレクションの真髄」松岡美術館
会期:2022年1月26日(水)〜2022年4月17日(日)
  ※3月8日(火)より展示作品の一部入れ替えあり
  2019年6月より休館中。来年2022年1月26日(水)より再開館予定です。
会場:松岡美術館
時間:10:00〜17:00 (最終入場時間 16:30)
  ※毎月第1金曜日のみ 10:00~19:00
  (最終入場時間 18:30)
休館日:月曜日 祝日の場合は翌平日 
  2022年1月25日(火)まで長期休館
観覧料:一般 1,200円
  25歳以下 500円
  高校生以下 無料
  障がい者手帳をお持ちの方 無料
住所:東京都港区白金台5-12-6
TEL:03-5449-0251
URL:松岡美術館

アルテミス
アルテミス

約2年8か月ぶりの再開を記念する名品展を開催します。
東洋陶磁は蒐集エピソードを添えて購入順に紹介し、美術館の歴史を振り返ります。日本画は横山大観、渡辺省亭らの花鳥画を中心とし、鏑木清方の美人画や、3月8日(火)からは修復後初出品となる重要文化財 伝 周文《竹林閑居図》を展示。
また、新たに加わったローマ時代《アルテミス》の常設展示にあわせて、古代ギリシア・ローマの大理石彫刻8点を出品します。

―館蔵 東洋陶磁名品選 松岡清次郎の志をたどる
―館蔵日本画 花鳥風月
―古代ギリシア・ローマ大理石彫刻展

重要文化財 伝 周文《竹林閑居図》
重要文化財 伝 周文《竹林閑居図》

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る