「丸山コレクション 西アジア遊牧民の染織 塩袋と伝統のギャッベ展」たばこと塩の博物館

カシュガイ族のギャッベ(1970年頃)

名称:「丸山コレクション 西アジア遊牧民の染織 塩袋と伝統のギャッベ展」たばこと塩の博物館
会期:2022年2月26日(土)~5月15日(日)
会場:たばこと塩の博物館 2階特別展示室
開館時間:午前11時~午後5時 (入館締切は午後4時30分)
  ※開館時間を変更する場合があります。
休館日:毎週月曜日(但し3月21日は開館)、3月22日(火)
住所:〒130-0003東京都墨田区横川 1-16-3
TEL:03-3622-8801
URL:たばこと塩の博物館

バルーチ族の塩袋(1970年頃)
バルーチ族の塩袋(1970年頃)

イランを中心に西アジア地域に展開するカシュガイ族やクルド族といった遊牧民は、伝統的に、部族ごとの紋様を織り込んだ羊毛織りの塩袋(ナマクダン)を制作・使用してきました。家畜群の制御など生活に不可欠な役割を担う“遊牧民にとっての塩”を物語る好資料として、当館では過去2回の特別展で塩袋を紹介しました。今回は、過去2回と同じ丸山コレクションから、絨毯より素朴で織りも粗く、遊牧民本来の生活具としての味わいがある昔のギャッベを中心に未公開作品を選定し、塩袋と合わせ、現地でも入手不可能な百~数十年前の毛織物の深い色合いと意匠の世界を紹介します。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. SHO(笑)TIME! 戯画展(後期)「歌川広景 江戸名所道外尽」川崎浮世絵ギャラリー
  2. 企画展「異世界を旅する画家たち アートが誘う冒険の旅」笠間日動美術館
  3. 「第4回 FROM —それぞれの日本画—」郷さくら美術館
ページ上部へ戻る