「近代日本絵画の名作展 ひろしま美術館コレクション」福岡県立美術館

岡田三郎助《水辺の裸婦》(1935)

名称:「近代日本絵画の名作展 ひろしま美術館コレクション」福岡県立美術館
会期:2021年10月29日(金)〜12月26日(日)
休館日:月曜日
開館時間:10:00〜18:00 (入場は17:30まで)
会場:3階展示室
料金:一般:1,200円(1,000円)  高大生:800円(600円)  小中生:500円(300円)
  前売・当日券販売場所/チケットぴあ(Pコード685-790)、ローソンチケット(Lコード83856)、セブンチケット(セブンコード090-980)、イープラス、アクロス福岡チケットセンター、チケットポート福岡パルコ店、福岡県立美術館窓口で販売中
  ※( )内は前売り・20名以上の団体料金
  ※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方とその介護者1名、特定疾患医療受給者証・特定医療費(指定難病)受給者証の交付を受けている方は無料
  ※65歳以上(免許証等の年齢を証明できるものを提示)の方は一般の前売り・団体料金
主催:福岡県立美術館、RKB毎日放送、西日本新聞社
協賛:株式会社タワー不動産、一般財団法人 福岡芸術応援団
後援:福岡県、福岡市、福岡市教育委員会、(公財)福岡市文化芸術振興財団、九州旅客鉄道、西日本鉄道
企画協力:公益財団法人ひろしま美術館、青幻舎プロモーション
会場:博物館 企画展示室
観覧料:1,000円(常設展も見学可能、団体20名以上900円)、中学生以下無料
住所:〒810-0001 福岡市中央区天神5丁目2-1
TEL: 092-715-3551
URL:福岡県立美術館

岸田劉生《支那服を着た妹照子像》(1921)
岸田劉生《支那服を着た妹照子像》(1921)
浅井忠《農夫帰路》(1887) 
浅井忠《農夫帰路》(1887) 
黒田清輝《洋燈と二児童》1891年 油彩・画布 ひろしま美術館蔵
黒田清輝《洋燈と二児童》1891年 油彩・画布 ひろしま美術館蔵

本展は、日本有数の近代日本絵画コレクションを誇る、公益財団法人ひろしま美術館の所蔵作品から選りすぐった56人の作家による洋画と日本画の名作約70点で、明治から大正、昭和へ至る近代日本美術史の流れを学び、深く味わう展覧会です。草創期の洋画を牽引した浅井忠や黒田清輝、明治浪漫主義の旗手である青木繁や藤島武二、大正期の個性として異彩を放った岸田劉生、昭和期に黄金時代を築いた安井曾太郎と梅原龍三郎などの洋画を中心に、横山大観や平山郁夫など日本画の巨匠の作品もあわせて、珠玉の名画をお楽しみください。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る