「Life is beautiful:衣・食植・住 “植物が命をまもる衣となり、命をつなぐ食となる”」GYRE GALLERY

「Life is beautiful:衣・食植・住 “植物が命をまもる衣となり、命をつなぐ食となる”」GYRE GALLERY

名称:「Life is beautiful:衣・食植・住 “植物が命をまもる衣となり、命をつなぐ食となる”」GYRE GALLERY
会期:2021年11月3日(水・祝)~11月30日(火)
開館時間:11:00~20:00
会場:GYRE GALLERY / GYRE 3F
住所:〒150-0001東京都渋谷区神宮前5-10-1
TEL:03-3498-6990
URL:GYRE GALLERY

「Life is beautiful:衣・食植・住 “植物が命をまもる衣となり、命をつなぐ食となる”」GYRE GALLERY
「Life is beautiful:衣・食植・住 “植物が命をまもる衣となり、命をつなぐ食となる”」GYRE GALLERY

土にはぐくまれた食物と植物とが、有用性をもって生活の中に生き生きと生かされていたころのこと。
食(植)物の効能を見いだし、“衣”に仕立て纏うことで身を守り、食することで命をつなぎ、住まいを構えることで雨風を凌ぎ暮らしを守る。
かつての衣食住に息づいていた生きるためのさまざまな技法は、この限りある自然からのギフトを余すことなく生かし切るために、人々が感覚を研ぎ澄ませ、工夫を凝らし編み出してきた知恵の集積。そしてそれは、次に生きる子どもたちが、さらなる技法を生みだすための糧となるギフトでもあった
restaurant eatrip と the little shop of flowers 、東京・原宿の同じ敷地で隣合わせに店を構え、20年という月日をともに歩んできた野村友里と壱岐ゆかり。
料理と花、どちらもその本質を見つめれば、土という深いところでつながり合い、この生業において大切にすべきことは何なのかを互いに探究する旅を続けてきました。食(植)物という生を扱う日々の中で得た言語化できない感覚、その瞬間の連続を一冊の本にまとめた共著『tasty of life』 2019年5月刊行・青幻舎)から3年。2人の探求は、あらゆる生物の循環をもたらす土へと向かい、その循環の一部となれるような技法を今の時代なりの方法で編みだそうと歩みを進めています。その活動こそが、本展のタイトルでもある「Life is beautiful」です。土の循環に暮らしがしっかりと寄り添っていたかつての衣食住から何を受けとり、どう生かし、次へとつないでいけばよいのだろう。この探求の過程において道標となってくれている方々とともに、想像を羽ばたかせ、考えを深めていく場としての展覧会です。
本展「衣・食植」では、美術家で近世麻布研究所所長の吉田真一郎氏が、古来日本において特別な布であった大麻布を今に蘇らせるべく、現代の紡績・製織技術のもと完成させたばかりの「麻世妙 ― majotae」にフォーカスします。日本が循環型社会であった江戸時代、「聖なる植物」として神事に欠かせないものであり、人々の生活の中心にあった効能高い植物、「大麻、苧麻」。土に育まれた大麻草の繊維を採り、積み、紡いだ糸で織り上げられた、知恵の結晶のような古い大麻布のコレクションに触れながら、これからの暮らしに生きる現代の大麻布「麻世妙 ― majotae」の可能性について紐解きます。土に種を落とし、また
芽吹くという循環の中で、植物は時に衣となり、時に食となって私たちの命をつないできました。この古くから繰り返されてきた営みを改めて体感しながら、私たちが向かうべき新たな「衣食住」が見出せることを願って。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る