「素晴らしき甲州文庫の世界―県移管70周年記念」山梨県立博物館

「素晴らしき甲州文庫の世界―県移管70周年記念」山梨県立博物館

名称:「素晴らしき甲州文庫の世界―県移管70周年記念」山梨県立博物館
会期:2021年10月20日(土)〜12月13日(月)
開館時間:9時から17時まで(最終入館は16時30分)
休館日:毎週火曜日
住所:〒406-0801山梨県笛吹市御坂町成田1501-1
TEL:055-261-2631
URL:山梨県立博物館

秋のテーマ展示では、「素晴らしき甲州文庫の世界―県移管70周年記念―」と題して、山梨県が誇る郷土資料の宝庫である「甲州文庫」を中心にご紹介いたします。
「甲州文庫」は約2万3千点にもおよぶコレクションで、中巨摩郡豊村(南アルプス市)出身の功刀亀内(くぬぎきない)氏が収集した、歴史・美術・生活など、甲州のありとあらゆる資料が詰まった、まさに山梨県の宝物のような存在です。「甲州文庫」は昭和26年(1951)に県に譲渡され、今年で70周年を迎えます。
日頃から展示室で大活躍している「甲州文庫」ですが、今回は更に「甲州文庫」を多めに展示し、「これが甲州文庫」という表示も添えることで、あれも、これも、みんな甲州文庫、ということをご観覧のみなさまに感じていただきたいと思います。
なお、今年は山梨県が誕生してから150周年を迎える年にもあたります。「江戸文化の往来」・「転換期に向き合う」・「変貌する景観」・「巨富を動かす」では、山梨県誕生150周年関連資料の展示を実施していますので、あわせてご覧ください。
さらに、開催中の企画展「日蓮聖人と法華文化」にあわせて、身延山や日蓮聖人に関係する資料も展示しておりますので、こちらもよろしくお願いいたします。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る