「武田双雲展 響 / reSound」福岡三越

H45『響(resound)』53×45.5㎝

名称:「武田双雲展 響 / reSound」福岡三越
会期:2022年2月9日(水) ~ 2022年2月20日(日) [最終日午後5時終了]
場所:福岡三越 9階 三越ギャラリー
住所:〒810-8544 福岡市中央区天神2-1-1
TEL:092-724-3111
URL: 福岡三越

H10『天(楽)』92×62㎝
H10『天(楽)』92×62㎝

独自のスタイルを確立し、企業とのコラボレーションなど幅広く活躍する武田双雲氏。福岡三越では初個展の開催となります。
本展では「越前和紙」・「青墨」・「藍染和紙」・「書」・「アートワークス」の5つのテーマ別に、独自の視点と思想を組み合わせた作品、新作含め200点以上を展覧いたします。

武田双雲(Souun Takeda) 1975年熊本県生まれ。幼少期より母である書道家・武田双葉氏に師事。東京理科大学卒業後、NTTに就職。約3年後に書道家として独立する。NHK大河ドラマ「天地人」や世界遺産「平泉」など、数々の題字を手掛ける。講演活動やメディア出演のオファーも多数。2013年度文化庁から文化交流使に任命され、ベトナム・インドネシアにて、書道ワークショップを開催。2015年、カリフォルニアにて個展開催。2017年にはワルシャワ大学にて講演。2019年3月、2回目のカリフォルニア個展開催。9月チューリッヒアートフェア出展。2020年、日本橋三越本店にて個展開催など世界各地で活動する。2019年元号改元に際し、日本郵便「令和」記念切手に書を提供。ベストセラーの「ポジティブの教科書」(主婦の友社)をはじめ、最新版「波に乗る力」(日本文芸社)など、書籍も多数出版。
武田双雲(Souun Takeda)
1975年熊本県生まれ。幼少期より母である書道家・武田双葉氏に師事。東京理科大学卒業後、NTTに就職。約3年後に書道家として独立する。NHK大河ドラマ「天地人」や世界遺産「平泉」など、数々の題字を手掛ける。講演活動やメディア出演のオファーも多数。2013年度文化庁から文化交流使に任命され、ベトナム・インドネシアにて、書道ワークショップを開催。2015年、カリフォルニアにて個展開催。2017年にはワルシャワ大学にて講演。2019年3月、2回目のカリフォルニア個展開催。9月チューリッヒアートフェア出展。2020年、日本橋三越本店にて個展開催など世界各地で活動する。2019年元号改元に際し、日本郵便「令和」記念切手に書を提供。ベストセラーの「ポジティブの教科書」(主婦の友社)をはじめ、最新版「波に乗る力」(日本文芸社)など、書籍も多数出版。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る