しまこう 作品展「Human Face」名古屋栄三越

「Human Face Anonymity 2」 40x40cm キャンバスにアクリル絵の具

名称:しまこう 作品展「Human Face」名古屋栄三越
会期:2022年2月2日(水) ~ 2022年2月8日(火)最終日は午後4時閉場
場所:名古屋栄三越 1階 美術 ARTE CASA
住所:〒460-8669 名古屋市中区栄3-5-1
TEL: 052-252-1111
URL: 名古屋栄三越

「Human Face Anonymity 2」 40x40cm キャンバスにアクリル絵の具
「Human Face Anonymity 2」 40x40cm キャンバスにアクリル絵の具

岐阜県出身であるしまこう氏の個展「Human Face 」を開催いたします。
山深い飛騨高山の、木工家の家で育ったしまこう氏。
高校生から油絵を描き始め、17歳の時に現代美術家の纐纈敏郎氏、ノロ燐氏と出会います。
二人に師事し、自画像やシュールレアリズムに影響された絵画などを描き続けています。

2011年、震災をきっかけにそれまでの多岐にわたる活動、職を辞め、自分を見つめ直します。
木工家の父の影響で、木を素材とした作品群「モクメアート」を始めました。
2020年には、コロナ禍自粛による活動休止をきっかけに、いままで描き進めていた
人間の顔をさまざまな線で消しては描く「Human Faceシリーズ」の制作に没頭し、
駅ビルやギャラリーにて発表を始めました。
多岐にわたる作品制作をしているしまこう氏ですが、表現欲は幼い頃より
一貫して自画像をはじめとする人間の顔でした。
私でもあなたでも他の誰でもない裸の顔、人間の本質に近づく試み。
「現代、そして未来の人間の顔のイメージを凝縮した新たなリアリズムを
 生み出し観る人の感覚が解放されてゆく自由を感じていただきたい。」
そんな作品たちを、ぜひご高覧ください。

「Human Face Anonymity 3」  40x40cm  キャンバスにアクリル絵の具
「Human Face Anonymity 3」 40x40cm キャンバスにアクリル絵の具
「Human Face Anonymity 3」  40x40cm  キャンバスにアクリル絵の具
「Human Face Anonymity 3」 40x40cm キャンバスにアクリル絵の具

しまこう(嶋田 康次 Kouji Shimada)略歴
ガガ美術研究所にて現代美術家、纐纈敏郎、ノロ燐に絵画を学ぶ。
学展「油絵部門」など多数の入賞実績(上野の森美術館にて展示)を経た後に
染色会社にて色彩、生家の島田工芸にて木工技術を学ぶ。
現在は木工作品・ウッドバーニングを中心にアート活動を展開。
お客さまとのコミュニケーションを取りながらの即興作品を得意とし、
個展だけでなく「露天」での活動を積極的に行っている。
<展示歴>
そごう(横浜、千葉、広島)
東急百貨店(渋谷本店、吉祥寺、たまプラーザ)
大丸松坂屋(東京、豊田、札幌)
伊勢丹(京都、新潟、立川、浦和、府中)
三越百貨店(星ヶ丘)
京王百貨店(新宿、聖蹟桜ヶ丘)
東武百貨店(船橋)
小田急百貨店(町田、藤沢)
京成百貨店(水戸)
八木橋百貨店(熊谷)
丸広百貨店(川越、上尾)
中三百貨店(弘前)
京急百貨店(上大岡)
名鉄百貨店(名古屋)
香林坊大和(金沢)
メルサ(名古屋)
丸善(東京、日本橋)
<受賞歴>
高美展最優秀賞受賞
学展油絵OB部門入賞
メディア掲載
TBSテレビ(王様のブランチ)
NHK(こんにちはいっと6けん)
ハワイのTV番組(ULTIMATE.JAPAN)等

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 竹直公《西洋婦人図》歸空庵コレクション
  2. 「佐々木美術館11周年芸術祭」佐々木美術館&人形館
  3. 所蔵名品展1「人間国宝ー匠の技ー」井原市立平櫛田中美術館
ページ上部へ戻る