堀清英 「RED」シャネル・ネクサス・ホール

堀清英 「RED」シャネル・ネクサス・ホール

名称:堀清英 「RED」シャネル・ネクサス・ホール
会期:2022.01.19(水)~2022.02.20(日)
開廊時間 11:00〜19:00
入場料:無料
会場:シャネル・ネクサス・ホール
住所:〒104-0061 東京都中央区銀座3-5-3 シャネル銀座ビルディング 4F
TEL:03-6386-3071
URL:シャネル・ネクサス・ホール

シャネル・ネクサス・ホールは2022年に開催する展覧会の第一弾として、堀清英の写真展を開催します。
堀清英は、ニューヨークで写真を学び、雑誌や広告、ポートレイト撮影等、幅広い分野で活躍する傍ら、自らの作品を作り続けてきました。人間性を取り戻すため「原始へ帰れ」と1950年代にアメリカで巻き起こったビートカルチャーの伝説的詩人アレンギンズバーグから強い影響を受けてきた堀は、東日本大震災後に、アイロニカルな視線を現代社会に向けて制作されたシリーズ「re;HOWL」を発表。そして今回初公開となるのが「RED」で、視線の向ける先を自己の内へと転じ、”自分”とは何者か?という問いへの答えを追求しています。
本展では「RED」シリーズの他、1990年代以降撮りためてきた作品群や、創作活動の原点とも言える手製のフォトブック等を三部構成で紹介。自らの作品をピクチャーポエムであるという堀の自己探求の道程を示します。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 特集展示「1739年フランス エリザベート王女結婚披露宴図説の花火と隅田川花火」すみだ郷土文化資料館
  2. 「新紙幣発行記念 北斎進化論」北斎館
  3. 「日本画の極みを求めてー未来を担う東海の作家たちー」平野美術館
ページ上部へ戻る