「小原古邨 海をこえた花鳥の世界―原安三郎コレクションを中心に」佐野美術館

小原古邨《踊る狐》 1904-13年 中外産業株式会社 原安三郎コレクション

名称:「小原古邨 海をこえた花鳥の世界―原安三郎コレクションを中心に」佐野美術館
会期:2022年9月3日(土)~令和4年10月23日(日)
開館時間:10:00~17:00(入館の受付は16:30まで)
休館日:木曜日
料金:一般・大学生1,100円 小・中・高校生550円
  ※土曜日は小中学生無料
  ※15名以上の団体は各2割引
住所:〒411-0838静岡県三島市中田町1-43
TEL:055-975-7278
URL:佐野美術館

小原古邨(おはら こそん)(1877~1945)は四季の情景や生き物たちを彩り豊かに描いた絵師です。作品は伝統の技が生きた精緻な木版画として、海を越えて愛好されました。木版画を中心に肉筆画、師鈴木華邨(すずき かそん)の作など約100点により、知られざる画業を紹介します。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 特別展「法然と極楽浄土」東京国立博物館
  2. 井上安治生誕160年記念「情景の絵師がみつめたModern times ガス燈ともる東京風景」展 ガスミュージアム
  3. 特別企画展「おおさか街あるき―キタ・ミナミ―」大阪歴史博物館
ページ上部へ戻る