「安田侃シルクスクリーン展」安田侃彫刻美術館アルテピアッツァ美唄

「安田侃シルクスクリーン展」安田侃彫刻美術館アルテピアッツァ美唄

名称:「安田侃シルクスクリーン展」安田侃彫刻美術館アルテピアッツァ美唄
会期:2022年4月20日(水)~2022年5月9日(月)
開館時間:9:00 〜 17:00
休館日:火曜日 祝日は開館し翌日休館(翌日が日曜日の場合は開館)
入場料:無料
会場:安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄 ギャラリー (木造校舎)
住所:〒072-0831 北海道美唄市落合町栄町
TEL・FAX:0126-63-3137
URL:安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄

彫刻家・安田侃氏は1970年にイタリアに渡り、5年後の一時帰国時に自らの白大理石彫刻「生誕シリーズ」などのかたちを使い、シルクスクリーンを制作しています。
「誰も見たことがない新しいものをつくろう」と、摺師(すりし)・佐藤浩司氏にイメージを伝え、納得のいくまでたくさんの版をつくり、色を重ねる作業を繰り返しました。イタリア・ローマのアトリエでいつも見ていた夕焼けなど、自身がイメージする色と形を組み合わせて生まれた作品は、1976年に札幌と東京、1978年には地元美唄で彫刻とともに発表され、大きな反響を呼びました。
本展では、1975〜83年頃に制作されたシルクスクリーン作品約20点を展示します。安田侃氏の彫刻とそこから生まれた「色」の世界をご堪能ください。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. テーマ展示「きせかえ遊び ~小さなきものと女子の裁縫教育~」紅ミュージアム
  2. 河津晃平 「あなたの灰の中の骨へ 骨の中の灰へ」茨城県つくば美術館
  3. 豊臣秀次公430回忌 特集展示「豊臣秀次と瑞泉寺」京都国立博物館
ページ上部へ戻る