「浮世絵版画の色とワザ」那珂川町馬頭広重美術館

三代歌川広重「東京名所常盤橋内紙幣寮新建之図」広重美術館蔵(山形県天童市)

名称:「浮世絵版画の色とワザ」那珂川町馬頭広重美術館
会期:2022年5月14日(土)~2022年6月19日(日)
開館時間:09:30 〜 17:00
休館日:月曜日
   月曜日が祝日の場合は開館し翌日休館、祝日は開館し翌日休館(翌日が土曜日・日曜日の場合は開館)
入場料:一般 500円、大学生・高校生 300円、障害者手帳提示と付き添い1名 半額、中学生以下 無料
会場:那珂川町馬頭広重美術館
住所:〒324-0613栃木県那須郡那珂川町馬頭116-9
TEL:0287-92-1199
URL:那珂川町馬頭広重美術館

三代歌川広重「東京名所常盤橋内紙幣寮新建之図」広重美術館蔵(山形県天童市)
三代歌川広重「東京名所常盤橋内紙幣寮新建之図」広重美術館蔵(山形県天童市)

浮世絵の普及、すなわち多色刷りの印刷物が庶民まで楽しまれる事例は、同時代の諸外国と比較しても特殊であり、明治以降も世界に誇る出版技術として万国博覧会などを通して紹介されました。本展覧会では、錦絵と共に版木や色材、摺道具の展示を通し、現在に残り親しまれる錦絵がどのように作られたのかご紹介します。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る