収蔵資料展 只見線復旧応援「奥会津の古文書-総集編-」福島県歴史資料館

収蔵資料展 只見線復旧応援「奥会津の古文書-総集編-」福島県歴史資料館

名称:収蔵資料展 只見線復旧応援「奥会津の古文書-総集編-」福島県歴史資料館
会期:令和4年4月16日(土)~8月21日(日)
   ※6月28日(火)から一部資料を替えて、後期展示として開催
休館日:4月25日(月)、5月9日(月)・16日(月)、6月13日(月)・27日(月)、7月4日(月)・25日(月)、8月8日(月)※このほか、臨時休館が入る場合はHPにてお知らせします。
時間:午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
入館料:無料
会場:福島県歴史資料館展示室
住所:〒960-8116福島県福島市春日町5-54
TEL:024-534-9193
URL:福島県歴史資料館

 平成23年(2011)7月の新潟・福島豪雨により一部不通が続くJR只見線は、今年秋頃の全線再開通を目指して整備が進められております。当館でも只見線の早期復旧を応援するため、平成29年度から奥会津にゆかりの古文書を5回シリーズで取り上げてきました。このたびの展示では、これまでの総集編として、三島町・金山町・昭和村・只見町・南会津町南郷地域の代表的な古文書を紹介し、この地域の歴史と文化的な魅力をお伝えします。
 また、関連イベントとして、5月28日(土)午後1時から映画「ハーメルン」、8月5日(金)午後1時から記録映像「からむしのこえ」をそれぞれ上映します(会場:とうほう・みんなの文化センター小ホール、要事前申込)

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る