「MOTコレクション コレクションを巻き戻す 2nd」東京都現代美術館

「MOTコレクション コレクションを巻き戻す 2nd」東京都現代美術館

名称:「MOTコレクション コレクションを巻き戻す 2nd」東京都現代美術館
会期:2022年7月16日(土)- 10月16日(日)
休館日:月曜日(7月18日、9月19日、10月10日は開館)、7月19日、9月20日、10月11日
開館時間:10:00-18:00(展示室入場は閉館の30分前まで)
観覧料:一般500円 / 大学生・専門学校生 400円 / 高校生・65歳以上 250円 / 中学生以下無料
   ※ 企画展「ジャン・プルーヴェ展 椅子から建築まで」「MOTアニュアル2022 私の正しさは誰かの悲しみあるいは憎しみ」のチケットでMOTコレクションもご覧いただけます。
   ※ 小学生以下のお客様は保護者の同伴が必要です。
   ※ 身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方と、その付添いの方(2名まで)は無料になります。
会場:東京都現代美術館 コレクション展示室
主催:東京都、公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都現代美術館
住所:〒135-0022東京都江東区三好4-1-1
TEL:03-5245-4111(ハローダイヤル)
URL:東京都現代美術館

田部光子《プラカード》1961
田部光子《プラカード》1961

東京都現代美術館では、戦後美術を中心に、近代から現代に至る約5,500点の作品を収蔵しています。「MOTコレクション」展では、会期ごとに様々な切口を設けて作品を展示し、現代美術の持つ魅力の発信に努めています。
本展は、当館が開館(1995年)にあたって作品を引き継いだ東京都美術館時代も含むコレクションの歴史を紐解きながら、所蔵作品を制作年順に展示した「コレクションを巻き戻す」展(2020-21年に開催)の続編です。今回は「読売アンデパンダン」展に工藤哲巳ら反芸術の作家たちが結集していた1960年代へと遡り、1975年に都美術館の新館が開館し、作品収集や企画展が本格化する頃までを、館の歴史や作品の展示をめぐるエピソードとともに辿ります。また75年以降、90年代にかけては、2つの美術館で開かれた企画展を手がかりに、リチャード・ロング、石内都、遠藤利克ら様々な作家たちとの関わりにおいて収蔵された作品に光をあてます。
コレクションを巻き戻し、広い時代、国内外にまたがる多彩な作品を楽しんで頂くとともに、「MOTコレクション」のこれからの歩みにも思いを馳せる機会にしたいと思います。 
アーティスト
朝倉摂、麻生三郎、安齊重男、石内都、梅原龍三郎、遠藤利克、小倉遊亀、オチオサム、笠原恵実子、桂ゆき、河原温、菊畑茂久馬、草間彌生、工藤哲巳、剣持和夫、小島信明、斎藤義重、篠原有司男、鈴木賢二、菅井汲、高松次郎 他

菊畑茂久馬《奴隷系図(貨幣による)》1961(1983再制作) Photo: Keizo Kioku
菊畑茂久馬《奴隷系図(貨幣による)》1961(1983再制作) Photo: Keizo Kioku
中村宏《円環列車A(望遠鏡列車)》1968
中村宏《円環列車A(望遠鏡列車)》1968
李禹煥《点より》1974
李禹煥《点より》1974
中西夏之《洗濯バサミは攪拌行動を主張する》1963(一部1981頃再制作) Photo: Keizo Kioku © NATSUYUKI NAKANISHI
中西夏之《洗濯バサミは攪拌行動を主張する》1963(一部1981頃再制作) Photo: Keizo Kioku © NATSUYUKI NAKANISHI
菅木志雄《界の仕切り》1982 Photo: Keizo Kioku
菅木志雄《界の仕切り》1982 Photo: Keizo Kioku
遠藤利克《泉》1991 Photo: Shizune Shiigi
遠藤利克《泉》1991 Photo: Shizune Shiigi
石内都《#17『1906 to the skin』より》1991-93
石内都《#17『1906 to the skin』より》1991-93

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 皇居三の丸尚蔵館展「皇室の至宝 北海道ゆかりの名品」北海道立近代美術館
  2. 「花鳥風月―水の情景・月の風景」皇居三の丸尚蔵館
  3. 特別展「日本の巨大ロボット群像」京都府京都文化博物館
ページ上部へ戻る