「ちひろ美術館コレクション 絵本画家の絵の具箱」安曇野ちひろ美術館

エンリケ・マルチネス・ブランコ(キューバ) 「創造物9」1991年

名称:「ちひろ美術館コレクション 絵本画家の絵の具箱」安曇野ちひろ美術館
会期:2022年9月10日(土)〜2022年12月4日(日)
会場:安曇野ちひろ美術館
展示室:展示室3
時間:10:00〜17:00
休館日:水曜日 祝休日開館、翌平日休館
観覧料:大人 900円
   高校生以下 無料
   団体(有料入館者20名以上)、65歳以上、学生の方は700円
   障害者手帳提示の方とその介添えの方(1名)は無料
   年間パスポート 3,000円
住所:〒399-8501長野県北安曇郡松川村西原3358-24
TEL:0261-62-0772
URL:安曇野ちひろ美術館

キアラ・ラパッチーニ(イタリア) 『ねえ こっちむいて!』(小学館)より 1998年
キアラ・ラパッチーニ(イタリア) 『ねえ こっちむいて!』(小学館)より 1998年

絵本画家たちは、絵を描くときにさまざまな工夫を凝らしています。伝統的な画材が使われているものもあれば、画家独自の手法を用いるものもあり、それぞれに個性豊かな世界をつくりあげています。世界の絵本画家の作品を「画材」に焦点をあてて紹介します。

武田美穂(日本) 『すみっこのおばけ』(ポプラ社)より 2000年頃
武田美穂(日本) 『すみっこのおばけ』(ポプラ社)より 2000年頃
出久根育(日本) 『マーシャと白い鳥』(偕成社)より 2005年
出久根育(日本) 『マーシャと白い鳥』(偕成社)より 2005年

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「子どもたちの成長を祝う 本間美術館のひな祭り」本間美術館
  2. 「空間を彩る屛風―広がる大画面(ワイドスクリーン)―」細見美術館
  3. 企画展「ミニチュア愛(らぶ)!」紅ミュージアム
ページ上部へ戻る