第101回企画展「ガラスにまつわるエトセトラ」地底の森ミュージアム(仙台市富沢遺跡保存館)

第101回企画展「ガラスにまつわるエトセトラ」地底の森ミュージアム(仙台市富沢遺跡保存館)

名称:第101回企画展「ガラスにまつわるエトセトラ」地底の森ミュージアム(仙台市富沢遺跡保存館)
会期:9月2日(金)~11月27日(日)
会場:地底の森ミュージアム 企画展示室
住所:〒982-0012宮城県仙台市太白区長町南4-3-1
TEL:022-246-9153
URL:地底の森ミュージアム(仙台市富沢遺跡保存館)

キラキラ輝くきれいなガラス。
そんなガラスが砂から作られていることをご存知ですか?
今回の展示では、秋保に工房をかまえるガラス作家・村山耕二さんが日本各地や世界の砂を溶かしてつくったガラス作品や、宮城・仙台の遺跡から見つかったガラス玉、簪(かんざし)、ガラス瓶など、いろいろなガラスをご紹介します。古代から人々を魅了し続けるガラスの魅力をどうぞお楽しみください。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 特集展示「1739年フランス エリザベート王女結婚披露宴図説の花火と隅田川花火」すみだ郷土文化資料館
  2. 「新紙幣発行記念 北斎進化論」北斎館
  3. 「日本画の極みを求めてー未来を担う東海の作家たちー」平野美術館
ページ上部へ戻る