「速水御舟展」茨城県近代美術館

速水御舟《花ノ傍》1932(昭和7)年 紙本彩色・額装 株式会社歌舞伎座

名称:「速水御舟展」茨城県近代美術館
期間:2023年2月21日(火)〜2023年3月26日(日)
会場:茨城県近代美術館
時間:9:30〜17:00 (最終入場時間 16:30)
休館日:会期中は休館なし
   ※3月13日(月)は一部作品の展示替えのため休室
観覧料:一般 1,100円(1,000円)
   満70歳以上 550円(500円)
   高大生 870円(730円)
   小中生 490円(370円)
   ※( )内は20名以上の団体料金
   ※春休み期間を除く土曜日は高校生以下無料
   ※障害者手帳・指定難病特定医療費受給者証等を持参の方は無料
   ※3月11日(土)は満70歳以上の方は無料
   ◎ WEB予約推奨:茨城県近代美術館公式サイトで「日時指定WEB整理券」(無料)を取得の方が優先入場となります。来館日の1カ月前より予約可能です。詳細は茨城県近代美術館公式サイトをご確認ください
住所:〒310-0851茨城県水戸市千波町東久保666-1
TEL:029-243-5111
URL:茨城県近代美術館

速水御舟「牡丹」1926年 遠山記念館蔵
速水御舟「牡丹」1926年 遠山記念館蔵

速水御舟(1894-1935)は、明治の末期から昭和初期にかけて活躍した代表的な日本画家の一人です。明治維新以後、日本が近代化を進める中で、美術の世界、とりわけ日本画は大きな変化を強いられました。その渦中にあって、わずか30年ほどの活動を通じ、御舟はその後の近代日本画の展開に強い影響を与え、その方向性を決定づける仕事を多く遺しました。
古画の模写、写生に基づく叙情的な作品、大正期の精緻を極めた写実描写、そして古典的な絵画への回帰、単純化と平面性を伴う作品へと変化する画風には、一人の画家とは思えないほどの多彩な表現が見られます。ただ、そこには対象の真実に肉薄しようとした、御舟の一貫した姿を見ることができます。それは近代という時代に西洋と対峙する中で、日本画が直面せざるをえなかった様々な問題に真摯に向き合った結果ともいえます。
この展覧会では本画約100点と素描により、型にはまることを嫌い、振幅の激しい画業を通して描くことの意味を問い続けた、御舟の画家としての道筋をあらためて振り返ります。

速水御舟《鍋島の皿に柘榴》1921(大正10)年 絹本彩色・額装
速水御舟《鍋島の皿に柘榴》1921(大正10)年 絹本彩色・額装
速水御舟《洛北修学院村》1918(大正7)年 絹本彩色・額装 滋賀県立美術館
速水御舟《洛北修学院村》1918(大正7)年 絹本彩色・額装 滋賀県立美術館
速水御舟《菊花図》1920(大正9)年 紙本金地彩色・四曲一双屏風
速水御舟《菊花図》1920(大正9)年 紙本金地彩色・四曲一双屏風
速水御舟《椿花妍彩》1926(大正15)年 紙本彩色・軸装 個人蔵(フジカワ画廊協力)
速水御舟《椿花妍彩》1926(大正15)年 紙本彩色・軸装 個人蔵(フジカワ画廊協力)
速水御舟《秋茄子》1934(昭和9)年 紙本彩色・軸装
速水御舟《秋茄子》1934(昭和9)年 紙本彩色・軸装
速水御舟《花ノ傍》1932(昭和7)年 紙本彩色・額装 株式会社歌舞伎座
速水御舟《花ノ傍》1932(昭和7)年 紙本彩色・額装 株式会社歌舞伎座

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る