「新春を寿ぐ」秋水美術館

「新春を寿ぐ」秋水美術館

名称:「新春を寿ぐ」秋水美術館
会期:2023年1月6日(金)~2023年2月26日(日)
開館時間:10:00 〜 17:00
休館日:月曜日、火曜日
   祝日は開館し翌日休館
   年末年始休館
入場料:一般 800円、大学生以下 無料
会場:秋水美術館 3階鑑賞室
住所:〒930-0066 富山県富山市千石町1-3-6
TEL:076-425-5700
URL:秋水美術館

公益財団法人「秋水美術館」は、日本の中世から現代にかけての絵画や工芸を軸として収蔵・公開を行っております。日本美術の持つ高い精神性と、独自の魅力をご紹介するとともに、新たな年を寿ぐにふさわしい作品を選び、展示します。本展では売薬版画から身を起こした尾竹竹坡の代表作「太子」や、その弟である国観の屏風「菊慈童・西王母」の初公開を行うほかに、近代日本画壇を代表する作家たちの日本画作品や、陶磁器を中心とする工芸作品など多彩な作品を展示します。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. テーマ展示「きせかえ遊び ~小さなきものと女子の裁縫教育~」紅ミュージアム
  2. 河津晃平 「あなたの灰の中の骨へ 骨の中の灰へ」茨城県つくば美術館
  3. 豊臣秀次公430回忌 特集展示「豊臣秀次と瑞泉寺」京都国立博物館
ページ上部へ戻る