「薬師寺国宝東塔大修理落慶記念 現代作家による白鳳時代から目覚めた作品達展」日本橋三越本店

「薬師寺国宝東塔大修理落慶記念 現代作家による白鳳時代から目覚めた作品達展」日本橋三越本店

名称:「薬師寺国宝東塔大修理落慶記念 現代作家による白鳳時代から目覚めた作品達展」日本橋三越本店
会期:2023年2月1日(水) ~ 2023年2月6日(月)
会場:本館6階美術特選画廊 最終日午後5時終了
住所:〒103-8001 東京都中央区日本橋室町1-4-1
TEL: 03-3241-3311
URL: 日本橋三越本店

大樋長左衛門
大樋窯変茶盌(薬師寺 国宝東塔基壇土)

径13 ×高さ8.8cm
大樋長左衛門 大樋窯変茶盌(薬師寺 国宝東塔基壇土) 径13 ×高さ8.8cm

平成21 年に法相宗大本山薬師寺の国宝東塔解体大修理が始まり、白鳳時代以来誰の目にも触れなかった基壇の土が世にその姿を現しました。
1300 年前の麗しき人たちが踏み固めた基壇土。そしてその土を更に千年先まで遺す事は出来ないかと考え、土と水と火により作陶をするという、薬師寺加藤朝胤管主ならではの発想で、各地の選ばれた陶芸家がその土を手にしました。
このたび、その薬師寺東塔基壇土により作られた作品と、東塔解体大修理で供出された古材や石・金属などの素材を用いた作品、また東塔に奉納された仏舎利容器を制作された作家達の作品を薬師寺に奉納された作品と併せ展覧いたします。
日本橋三越本店

川瀬忍
焼締筒(薬師寺 国宝東塔基壇土)

径11 ×高さ31cm
川瀬忍 焼締筒(薬師寺 国宝東塔基壇土) 径11 ×高さ31cm
細川護熙
黒茶碗(薬師寺 国宝東塔基壇土)

径10 ×高さ8.3cm
細川護熙 黒茶碗(薬師寺 国宝東塔基壇土) 径10 ×高さ8.3cm

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「人魚姫・金魚姫」BOOKS & GALLERY cafe 点滴堂
  2. 「沼田月光 雨上がり」gallery UG Osaka Umeda
  3. 特集展示「さわって体験!本物のひみつ2024」九州国立博物館
ページ上部へ戻る