「札幌美術展 昨日の名残 明日の気配」札幌芸術の森美術館

「札幌美術展 昨日の名残 明日の気配」札幌芸術の森美術館

名称:「札幌美術展 昨日の名残 明日の気配」札幌芸術の森美術館
会期:2023年1月28日(土)〜2023年3月12日(日)
会場:札幌芸術の森美術館
時間:9:45〜17:00 (最終入場時間 16:30)
休館日:月曜日 
観覧料:一般 900円 (720円)
   高大 500円 (400円)
   小中 300円 (240円)
   ※( )内は前売・20名以上の団体料金
   ※65歳以上の方は年齢のわかるものを提示で720円
住所:〒005-0864 札幌市南区芸術の森2丁目75
TEL:011-591-0090・FAX:011-590-0102
URL:札幌芸術の森美術館

熊谷文秀《DIALOG MACHINE 2》2021年
熊谷文秀《DIALOG MACHINE 2》2021年

パンデミック以降、私たちは新たな「日常」を取り入れてはいくつかを元に戻しながら、日々歩んできました。変化のただなかで私たちは今どこにいて、どこへ向かおうとしているのか――本展では、パンデミックによりあらためて問題があらわとなった自然と人との関係、そして人と人との結びつきをテーマに、過去と未来の狭間でおぼろげな輪郭をもつ私たちの現在地を探ります。
8人のアーティストたちが、かつてあった「昨日の名残」と、これからを予感させる「明日の気配」を鋭敏に感じ取り表現する作品には、今をとらえ明日に向かうヒントが隠されています。
出品作家:上村洋一、北川陽稔、熊谷文秀、佐竹真紀、進藤冬華、中島洋、半谷学、渡辺行夫

上村洋一《scratch the snow field》2021年
上村洋一《scratch the snow field》2021年
北川陽稔《Invisible Red》2022年
北川陽稔《Invisible Red》2022年
佐竹真紀《タイムカプセル》2022年
佐竹真紀《タイムカプセル》2022年
進藤冬華《サボテン》2011年 撮影:山本顕史
進藤冬華《サボテン》2011年 撮影:山本顕史
中島洋《記憶のミライ》展示風景(札幌文化芸術交流センター SCARTS)2021年、撮影:露口啓二
中島洋《記憶のミライ》展示風景(札幌文化芸術交流センター SCARTS)2021年、撮影:露口啓二
半谷学《さしがさばな 枯れた傘に再び花が生ずる》展示風景(本郷新記念札幌彫刻美術館)2019年 撮影:山岸靖司
半谷学《さしがさばな 枯れた傘に再び花が生ずる》展示風景(本郷新記念札幌彫刻美術館)2019年 撮影:山岸靖司
渡辺行夫《Power of plant》2017年
渡辺行夫《Power of plant》2017年

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 皇居三の丸尚蔵館展「皇室の至宝 北海道ゆかりの名品」北海道立近代美術館
  2. 「花鳥風月―水の情景・月の風景」皇居三の丸尚蔵館
  3. 特別展「日本の巨大ロボット群像」京都府京都文化博物館
ページ上部へ戻る