「柿右衛門」の五色ー古伊万里からマイセン、近現代までー」戸栗美術館

「柿右衛門」の五色ー古伊万里からマイセン、近現代までー」戸栗美術館

名称:「柿右衛門」の五色ー古伊万里からマイセン、近現代までー」戸栗美術館
会期:2023年4月8日(土)〜6月25日(日)
開館時間:10:00~17:00(入館受付は16:30まで)
   ※毎週金曜・土曜は10:00~20:00(入館受付は19:30まで)
料金:一般1,200円/高大生500円 ※中学生以下は入館料無料
休館日:月曜・火曜休館
会場:戸栗美術館
住所:〒150-0046東京都渋谷区松濤1-11-3
TEL:03-3465-0070
URL:戸栗美術館

谷川俊太郎の絵本
「柿右衛門」の五色ー古伊万里からマイセン、近現代までー」戸栗美術館

濁手(にごしで)と呼ばれる純白の素地に、赤・青・緑・黄・金の5色の彩色を基本として優美な絵付けを施した「柿右衛門(かきえもん)様式」は、1670年代の佐賀・有田で完成されました。1660年代以降に本格化する西欧への伊万里焼の輸出を背景に、それまでの濃密な文様構成や濃厚な色合いから、濁手素地を活かした余白の多い構図と明るく爽やかな色調へと変化したものです。輸出先である西欧では大変な人気を博し、ドイツのマイセンをはじめとして写しが製作され、素地の白さや清爽な呈色が独自に追求されました。その後、西欧をめぐる中国との市場競争を理由とした様式変化によって途絶えてしまった柿右衛門様式は、戦後になって12代・13代酒井田柿右衛門父子による「濁手」の復興とともに復活を遂げ、現代にまで受け継がれています。
今展では、世界を魅了した柿右衛門様式の素地や絵具の「色」に着目し、色絵作品約80点を展示いたします。江戸時代の伊万里焼とマイセン、そして、近現代の「柿右衛門」作品をご堪能ください。

「柿右衛門」の五色ー古伊万里からマイセン、近現代までー」戸栗美術館
「柿右衛門」の五色ー古伊万里からマイセン、近現代までー」戸栗美術館

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. SHO(笑)TIME! 戯画展(後期)「歌川広景 江戸名所道外尽」川崎浮世絵ギャラリー
  2. 企画展「異世界を旅する画家たち アートが誘う冒険の旅」笠間日動美術館
  3. 「第4回 FROM —それぞれの日本画—」郷さくら美術館
ページ上部へ戻る