「やきものに見る吉祥」早稲田大学會津八一記念博物館

「やきものに見る吉祥」早稲田大学會津八一記念博物館

名称:「やきものに見る吉祥」早稲田大学會津八一記念博物館
会期:2023年3月2日〜2023年4月30日
開館時間:10:00~17:00
休館日:毎週水曜日、3/5(日)、3/11(土)、3/18(土)、3/19(日)、3/21(火)、4/29(土)
会場:會津八一記念博物館
入場料:無料
住所:〒169-8050東京都新宿区西早稲田1-6-1 早稲田キャンパス2号館
TEL:03-5286-3835
URL:早稲田大学會津八一記念博物館

五彩牡丹文盤 明時代、万暦年間(1573~1620)
五彩牡丹文盤 明時代、万暦年間(1573~1620)

富岡重憲コレクションの陶磁器から、吉祥の意味をもつ図柄や文様が施されたやきものを展示します。今回は中国陶磁を中心に、いきものでは龍、鳳凰、麒麟といった霊鳥霊獣のほか、鶴、鶉、金魚、日本人にはなじみのない青蚨(伝説上の虫)など、人物ではさまざまな遊びをする唐子や八仙(八人の仙人)、植物では松竹梅、牡丹、蓮華、菊、桃の花と実、柘榴の文様の作品を並べます。また唐草文、珊瑚や宝珠を含む八宝文、算木文、七宝繋文などの文様もあります。さまざまな形の吉祥が色とりどりにあらわされた陶磁器をご堪能ください。

色絵鳳凰文鉢 江戸時代(19世紀)
色絵鳳凰文鉢 江戸時代(19世紀)
法花蓮華文象耳瓶 明時代(15~16世紀)
法花蓮華文象耳瓶 明時代(15~16世紀)

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 井上安治生誕160年記念「情景の絵師がみつめたModern times ガス燈ともる東京風景」展 ガスミュージアム
  2. 「アート&ミュージアム 色のいろいろ」高崎市美術館
  3. 総合展示「三國幽眠—勤王漢学者と京都」京都府京都文化博物館
ページ上部へ戻る