「NEO 月でくらす展 ~宇宙開発は、月面移住の新時代へ!~」日本科学未来館

「NEO 月でくらす展 ~宇宙開発は、月面移住の新時代へ!~」日本科学未来館

名称:「NEO 月でくらす展 ~宇宙開発は、月面移住の新時代へ!~」日本科学未来館
会期:2023年4月28日(金)~2023年9月3日(日)
開館時間:10:00 〜 17:00
休館日:火曜日 5月2日は開館
   7月25日から8月29日の火曜日は開館
入場料:一般 2400円、18歳以下 1700円、4歳以上 1100円、3歳以下・障害者手帳提示と付き添い1名 無料
会場:日本科学未来館
住所:〒135-0064 東京都江東区青海2-3-6
TEL:03-3570-9151
URL:日本科学未来館

日本科学未来館は、2023年4月28日(金)~9月3日(日)、月での生活を体験できる、特別展「NEO 月でくらす展 ~宇宙開発は、月面移住の新時代へ!~」を開催します。本展は、月が秘める無限の可能性とそれが人類に与えるインパクト、そして何より宇宙開発への夢をかきたてながら、未来の月面での生活を疑似体験できる新感覚の体験型展覧会です。
月に水が存在する証拠が発見されたこともあり、人類が実際にくらすためのさまざまな研究や開発が今まさに計画されています。本展は、人類が夢みる「月移住」が実現した世界を科学的な知見をもとに描き出し、月に住む一員になりきってその「くらし」を体験しながら、楽しく宇宙を学べる展覧会です。子どもたちが新たな宇宙の体験学習を通して、月を身近な存在と感じられる機会を提供します。今話題の分野である人類と月の未来について、体感してみませんか。
未来館と図鑑NEOを展開する小学館など各社が協力し、宇宙についての知見と未来への想像力を集結させることでつくりあげた月面移住の世界をどうぞお楽しみください。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. テーマ展示「きせかえ遊び ~小さなきものと女子の裁縫教育~」紅ミュージアム
  2. 河津晃平 「あなたの灰の中の骨へ 骨の中の灰へ」茨城県つくば美術館
  3. 豊臣秀次公430回忌 特集展示「豊臣秀次と瑞泉寺」京都国立博物館
ページ上部へ戻る