「‐ぼくとつとした味‐島田猛 作陶展」札幌三越

【どくだみ絵面取花器】幅20×奥行10×高さ23cm

名称:「‐ぼくとつとした味‐島田猛 作陶展」札幌三越
会期:2023年5月30日(火) ~ 2023年6月5日(月)
場所:札幌三越 本館9階 美術ギャラリー(Aギャラリー) ※最終日は午後4時終了
住所:〒060-0061 札幌市中央区南1条西3丁目-8
TEL: 011-271-3311(代表)
URL: 札幌三越

春には里桜が咲き、柚子・木蓮に囲まれた工房でドクダミ・椿を中心に草花をモチーフに、陶芸では最も基本となる鉄釉による釉彩を装飾に器と花入れを自由な発想で作陶する島田猛氏。
奇をてらうことなくシンプルな表現スタイルは民芸と呼ばれる精神性に通ずる美を宿しているのではないでしょうか。その作品は古格を偲びながらも季節の詩情や自然のニュアンスを大切に、落ち着いた色調に抑制の効いた筆致が美しいものばかりです。
札幌三越初個展の本展は、従来の陶芸のイメージを一新する彩泥シリーズをはじめ、身近な花々を題材に器を纏う紋様の、花器、茶碗、湯呑、マグカップなどの作品を展示・販売いたします。
※会期中、作家在廊
島田猛(しまだ たけし)
【陶歴】
1956年 長崎県生まれ            
1986年 西葛西陶芸教室主催        
1990年 陶芸工房「陶心」築窯         
1990年 伝統工芸展入選 以後11回入選
1990年 日本伝統工芸展入選          
1991年 千葉県展知事賞受賞          
2003年 千葉県展八街市長賞受賞       
2004年 千葉県美術会員推挙
現 在  日本工芸会正会員

【どくだみ絵面取花器】幅20×奥行10×高さ23cm
【どくだみ絵面取花器】幅20×奥行10×高さ23cm

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 《2022-07-04_1》 2022年 作家蔵
  2. 「没後30年 木下佳通代」大阪中之島美術館
  3. 竹直公《西洋婦人図》歸空庵コレクション
ページ上部へ戻る