「小川信治展 Better Half 回帰の手法」高松市美術館

《ブランコの絶好のチャンス》 2013年(作家蔵)

名称:「小川信治展 Better Half 回帰の手法」高松市美術館
会期:2023年7月15日(土)~2023年9月18日(月)
開館時間:9:30 〜 17:00
   金曜日・土曜日は19:00まで
休館日:月曜日
   7月17日・9月18日は開館
   7月18日は休館
入場料:無料
会場:高松市美術館
住所:〒760-0027香川県高松市紺屋町10-4
TEL:087-823-1711
URL:高松市美術館

《ピグマリオン 3》 2023年(作家蔵)
《ピグマリオン 3》 2023年(作家蔵)

名画から主要人物だけを抜き取り精密に模写した〈Without You〉、観光名所などの風景を元に建物や人物など同じモティーフを2つ並べて描く〈Perfect World〉など、精緻な描写と感覚を揺さぶる表現で独自の世界を確立するアーティスト、小川信治。本展では「回帰」をテーマに、画家として活動し始めた1980年代に描かれた最初期の作品から、最新作まで、油彩・アクリル、鉛筆、インク、映像など様々な技法が用いられた36点を展示します。また図書コーナーでは作品と併せて学生時代の愛読書を紹介、ブランチギャラリーではこの場所のために描かれた新作を公開します。

《ブランコの絶好のチャンス》 2013年(作家蔵)
《ブランコの絶好のチャンス》 2013年(作家蔵)

小川 信治 略歴
1959年山口県生まれ、愛知県在住。1983年三重大学教育学部美術科卒業。1991年東海市ACT’91 大賞受賞。
主な個展に、2002年「Souvenir/Souverain」(豊田市美術館、愛知)、06年「小川信治展―干渉世界―」(国立国際美術館、大阪)、16年「小川信治展 あなた以外の世界のすべて」(千葉市美術館)、19年「I Enter Every Reality」(クラクフ現代美術館、クラクフ・ポーランド)等。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 井上安治生誕160年記念「情景の絵師がみつめたModern times ガス燈ともる東京風景」展 ガスミュージアム
  2. 「アート&ミュージアム 色のいろいろ」高崎市美術館
  3. 総合展示「三國幽眠—勤王漢学者と京都」京都府京都文化博物館
ページ上部へ戻る