「岡本太郎 アートの夢-陶壁・陶板・21世紀のフィギュア造形 ~大衆にじかにぶつかる芸術を~」滋賀県立陶芸の森

「岡本太郎 アートの夢-陶壁・陶板・21世紀のフィギュア造形 ~大衆にじかにぶつかる芸術を~」滋賀県立陶芸の森

名称:「岡本太郎 アートの夢-陶壁・陶板・21世紀のフィギュア造形 ~大衆にじかにぶつかる芸術を~」滋賀県立陶芸の森
会期:2023年7月15日(土)~2023年12月17日(日)
会場:滋賀県立陶芸の森
開館時間:9:30 〜 17:00
休館日:月曜日
   7月17日・9月18日・10月9日は開館
   7月18日・9月19日・10月10日は休館
入場料:一般 700円、大学生・高校生 530円、中学生以下 無料
主催・後援:
主催:滋賀県立陶芸の森
後援:滋賀県教育委員会、甲賀市、NHK大津放送局、京都新聞
協力・企画協力:
協力:大塚オーミ陶業株式会社、滋賀県工業技術総合センター信楽窯業技術試験場、京セラ株式会社、株式会社カプコン、株式会社ニトロプラス、株式会社グッドスマイルカンパニー、株式会社SUM ART、株式会社フレア(順不同)
企画協力:GILL GILL(株式会社ディープケース)、ほっぺふき子
住所:〒529-1804滋賀県甲賀市信楽町勅旨2188-7
TEL:0748-83-0909
URL:滋賀県立陶芸の森

滋賀県庁本館「アカンサス紋レリーフタイル」
1939年
製作:信楽糸取鍋合名会社/指導:滋賀県立窯業試験場
滋賀県庁本館「アカンサス紋レリーフタイル」 1939年 製作:信楽糸取鍋合名会社/指導:滋賀県立窯業試験場

芸術家・岡本太郎は、「一般大衆にじかにぶつかる、社会に開かれた芸術を実現したい」 と記し、1952年に初めてのパブリックアートとなるモザイクタイルを手掛けました。1954年には、量産を目指し粘土で≪犬の植木鉢≫を常滑で制作、その後刈谷でも類似の造形を手掛けました。1963年に信楽で制作された≪坐ることを拒否する椅子≫は、人と直に触れ合うアートの在り方を探り、代表作として全国に多数存在しています。
戦後、建築家・デザイナー・芸術家による建築陶器が人とアートとの結びつきを強めていくなか、岡本太郎が信楽で手掛けた日本万国博覧会 (大阪万博) の ≪太陽の塔≫ の <黒い太陽> (1970)は、多くの人々の記憶に刻まれています。このように産地と岡本太郎の出会いのなかで培われた技術力は、大塚オーミ陶業株式会社の大型陶板などに受け継がれます。
また、岡本太郎は絵画に比べ「彫刻はより肉体的であり、直接的である。実体がそこにある彫刻の強さ。」と記しています。アニメ・マンガのキャラクター造形は21世紀の大衆が求めたアートのひとつです。 クリエイターらの世界観を再現した高精度なフィギュアが生まれています。
本展覧会では、〈芸術の大衆化〉 をテーマに、近代の建築装飾陶器、パブリックアートや量産品のデザインを手掛けた岡本太郎らの作品を紹介。またフィギュア造形の世界や壁画の可能性を併せて取り上げつつ、岡本太郎が思い描いた夢の先、21世紀アートの息吹を見つめます。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. テーマ展示「きせかえ遊び ~小さなきものと女子の裁縫教育~」紅ミュージアム
  2. 河津晃平 「あなたの灰の中の骨へ 骨の中の灰へ」茨城県つくば美術館
  3. 豊臣秀次公430回忌 特集展示「豊臣秀次と瑞泉寺」京都国立博物館
ページ上部へ戻る