テーマ展「若狭・麗しの密教世界」福井県立若狭歴史博物館

テーマ展「若狭・麗しの密教世界」福井県立若狭歴史博物館

名称:テーマ展「若狭・麗しの密教世界」福井県立若狭歴史博物館
会期:2023年7月29日(土 ~ 2023年8月27日(日)
展示場所:企画展示室
開館時間:9時~17時(最終入館:16時30分)
料金:常設展示入館料でご覧いただけます
住所:〒917-0241福井県小浜市遠敷2-104
TEL:0770-56-0525
URL:福井県立若狭歴史博物館

「密蔵深玄にして翰墨に載せ難し、更に図画を仮りて悟らざるに開示す」(御請来目録)との言葉とおり、密教では真理に至るために絵画や立体による尊像が重視され、胎蔵・金剛界の両部曼荼羅をはじめとして、密教独特の尊像が制作されました。また、現世での大衆の要望に対応する法会の本尊としても崇められました。
今回の小展示では、一括して揃えられたと考えられる羽賀寺所蔵の両部曼荼羅、十二天図屏風などによる「密教空間」の体感。法会の主尊となる、観音や弥勒、不動など「ほとけのすがた」について、若狭地域の代表的な絵画作品を中心にご覧頂き、さらに「村落での密教信仰」についても触れたいと思います。
これらの作品をつうじて若狭地域の密教文化の一端をご理解・お楽しみ頂ければ幸いです。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 井上安治生誕160年記念「情景の絵師がみつめたModern times ガス燈ともる東京風景」展 ガスミュージアム
  2. 「アート&ミュージアム 色のいろいろ」高崎市美術館
  3. 総合展示「三國幽眠—勤王漢学者と京都」京都府京都文化博物館
ページ上部へ戻る