「みちすがら こえのひびきを ひろいあつめて 後期」日本橋高島屋S.C.(本館)

細川敬弘 備前 陶板 H11×W48xD27.5cm

名称:「みちすがら こえのひびきを ひろいあつめて 後期」日本橋高島屋S.C.(本館)
会期:2023年8月23日(水)→28日(月)
会場:本館6階 美術工芸サロン
住所:〒103-6190東京都中央区日本橋 2-5-1
TEL:03-3246-4310 本館6階 美術画廊(直通電話)
URL:日本橋高島屋S.C.(本館)

日本六古窯の中で最も長い歴史を持つ備前焼は、私たちの生活の中で機能性や実用性を備えながら成熟してきました。近年では、伝統を踏まえながらも現代感覚を持って制作された作品が現れるなど、その表現は一層変化を続けております。
今展では2020年に備前市の新庁舎に新たに設置された、東京藝術大学名誉教授北郷悟氏監修によるモニュメント「永遠」、「光、水、生命」、備前焼の若手作家が構想した「聲」の3作品を制作したメンバーをご紹介いたします。
新たな発想で制作する作家達が集い、モニュメント制作を共にすることで生まれた気付き。
各々が制作を通して得たものをどのように思考・昇華し、今後の自らの作陶人生に反映させていくのかに着目し、それぞれが目指す表現の本質と備前焼の新たな可能性に迫る展示となります。
ぜひこの機会に、土と炎の芸術を志す4名の作家達の手により生みだされた、新たな備前焼をご高覧ください。
<出品作家>
金重充宏・瀧川卓馬・細川敬弘・三浦裕二

細川敬弘 備前 陶板 H11×W48xD27.5cm
細川敬弘 備前 陶板 H11×W48xD27.5cm

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「子どもたちの成長を祝う 本間美術館のひな祭り」本間美術館
  2. 「空間を彩る屛風―広がる大画面(ワイドスクリーン)―」細見美術館
  3. 企画展「ミニチュア愛(らぶ)!」紅ミュージアム
ページ上部へ戻る