特別展「黒田長政没後400年 黒田侯爵家の名品 知られざる黒田家「家宝」の近代史」福岡市博物館

特別展「黒田長政没後400年 黒田侯爵家の名品 知られざる黒田家「家宝」の近代史」福岡市博物館

名称:特別展「黒田長政没後400年 黒田侯爵家の名品 知られざる黒田家「家宝」の近代史」福岡市博物館
会期:2023年9月15日(金)〜11月5日(日) 
会場:福岡市博物館
観覧料金:当日一般1,600円
休館日:月曜日(9月18日、10月9日は開館)、9月19日、10月10日
住所:〒814-0001福岡市早良区百道浜3丁目1-1
TEL:092-845-5011・FAX:092-845-5019
URL:福岡市博物館

特別展「黒田長政没後400年 黒田侯爵家の名品 知られざる黒田家「家宝」の近代史」福岡市博物館
特別展「黒田長政没後400年 黒田侯爵家の名品 知られざる黒田家「家宝」の近代史」福岡市博物館

旧福岡藩主、黒田家の貴重なコレクションは、昭和53年(1978)9月、黒田家から福岡市に寄贈された(一部は寄託・購入)。
福岡市美術館に所蔵された黒田資料のうち、歴代藩主の甲冑や国宝金印「漢委奴国王」、名鎗「日本号」のほか、刀剣、古文書類は福岡市博物館に移管されている。本来の黒田家のコレクションは現在福岡市が所蔵するものだけでなく、より多数の古美術品を含むものであった。これらは江戸時代に収集されたものを基本として、明治時代から昭和時代戦後に至る間に新たに「家宝」として整理され、一部は売却・譲渡された。
本展は初代藩主黒田長政の没後400周年を記念して、明治時代から昭和時代戦後における黒田家のコレクションのうち、「家宝」とされた貴重な資料を集めたものである。現在のコレクションを形作った、近代黒田侯爵家の「家宝」のあり方を、国宝・重要文化財を含む約140点の資料から紹介する。
※会期中展示替えあり

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. テーマ展示「きせかえ遊び ~小さなきものと女子の裁縫教育~」紅ミュージアム
  2. 河津晃平 「あなたの灰の中の骨へ 骨の中の灰へ」茨城県つくば美術館
  3. 豊臣秀次公430回忌 特集展示「豊臣秀次と瑞泉寺」京都国立博物館
ページ上部へ戻る