「発掘された珠玉の名品 少女たち夢と希望─そのはざまで 星野画廊コレクションより」福島県立美術館

「発掘された珠玉の名品 少女たち夢と希望─そのはざまで 星野画廊コレクションより」福島県立美術館

名称:「発掘された珠玉の名品 少女たち夢と希望─そのはざまで 星野画廊コレクションより」福島県立美術館
会期:2023年9月23日(土・祝)〜11月12日(日)
休館日:月曜(10月9日は開館)、10月10日(火)
観覧料 
  当日 20名以上の団体
  一般・大学生 1,000円 800円
  高校生 600円 500円
  小・中学生 400円 300円
  *未就学児は無料。
  *身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳をお持ちの方は無料。
住所:〒960-8003福島県福島市森合字西養山1
TEL:024-531-5511
URL:福島県立美術館

笠木治郎吉《花を摘む少女》1897−1912年
笠木治郎吉《花を摘む少女》1897−1912年

 星野画廊は、星野桂三氏(1943- )により、1973年京都に開設された歴史のある画廊です。ユニークな人柄と眼力で集められた作品は、有名無名をとわず、きらめく個性を放っています。
 京都日本画の個性派画家・岡本神草、秦テルヲや、浅井忠門下の画家たちなどを、次々と発掘、紹介して注目されました。話題作121点の日本画・洋画でたどる、初の星野コレクション名品展です。

粥川伸二《娘》1928年
粥川伸二《娘》1928年
秦テルヲ《曲芸》1916年(部分)
秦テルヲ《曲芸》1916年(部分)
田代正子《娘》1940年
田代正子《娘》1940年
幸田暁冶《舞》1975年
幸田暁冶《舞》1975年
岡本神草《拳の舞妓》1922年
岡本神草《拳の舞妓》1922年

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. テーマ展示「きせかえ遊び ~小さなきものと女子の裁縫教育~」紅ミュージアム
  2. 河津晃平 「あなたの灰の中の骨へ 骨の中の灰へ」茨城県つくば美術館
  3. 豊臣秀次公430回忌 特集展示「豊臣秀次と瑞泉寺」京都国立博物館
ページ上部へ戻る