新春特別展「書家・金澤翔子展 ―令和の近作と平成の代表作―」姫路市書写の里・美術工芸館

新春特別展「書家・金澤翔子展 ―令和の近作と平成の代表作―」姫路市書写の里・美術工芸館

名称:新春特別展「書家・金澤翔子展 ―令和の近作と平成の代表作―」姫路市書写の里・美術工芸館
会期:2024年1月6日(土)~4月7日(日)
会場:展示室B、企画展示室、一般展示室
主催:姫路市書写の里・美術工芸館
企画:公益財団法人姫路市文化国際交流財団
住所:〒671-2201兵庫県姫路市書写1223
TEL:079-267-0301
URL:姫路市書写の里・美術工芸館

新春特別展「書家・金澤翔子展 ―令和の近作と平成の代表作―」姫路市書写の里・美術工芸館
新春特別展「書家・金澤翔子展 ―令和の近作と平成の代表作―」姫路市書写の里・美術工芸館

金澤翔子(かなざわしょうこ)さんは世界的に活躍する祈りの書家です。昭和60(1985)年東京都に生まれ、5歳より母・泰子さんに師事して書を始めます。20歳のときに銀座書廊で初めて開いた個展が評判を呼び、以来、全国各地の神社仏閣で奉納揮毫を行うほか、国内外で数多くの個展を開催しています。また国連本部での日本代表としてのスピーチや文部科学省のスペシャルサポート大使など、その活躍は多岐にわたっています。
本展では、「書に親しむ人にも、初めて触れる人にも書を届けたい」との思いを込めて、令和2(2020)年に台湾で開催した展覧会の出品作を中心に書家・金澤翔子を紹介します。東日本大震災後に発表した平成の代表作「共に生きる」、東京2020公式アートポスターの金箔原画「翔」などとともに、40点余りの大作をご覧ください。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「空間を彩る屛風―広がる大画面(ワイドスクリーン)―」細見美術館
  2. 企画展「ミニチュア愛(らぶ)!」紅ミュージアム
  3. [館蔵]「中国の陶芸展」五島美術館
ページ上部へ戻る