「南桂子銅版画展 ― 春」ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション

「南桂子銅版画展 ― 春」ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション

名称:「南桂子銅版画展 ― 春」ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション
会期:2024年3月9日(土)〜2024年5月19日(日)
会場:ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション
開館時間:11:00 〜 17:00
   毎月第1・3金曜日20:00まで開館
   土曜日・日曜日・祝日は10:00から
休館日:月曜日
   月曜日が祝日の場合は月曜日開館し翌日休館
入場料:一般 600円、大学生・高校生 400円、中学生以下 無料
住所:〒103-0014東京都中央区日本橋蛎殻町1-35-7
TEL:03-3665-0251
URL:ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション

「南桂子銅版画展 ― 春」ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション
「南桂子銅版画展 ― 春」ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション

銅版画家・南桂子(1911-2004)は富山県に生まれ、高等女学校時代から絵画や詩作を試み、のちに20世紀を代表する銅版画家となる浜口陽三との出会いをきっかけに、1953年に渡仏、銅版画の世界で作品を作り続けました。南桂子の作品は、透明感のある色で溢れています。緑色1つにとっても、生命力溢れる木の緑や、あたたかな背景の緑など細部まで気配りを感じます。草木の芽吹く季節、優しい色彩の作品を中心に約50点展示します。移りゆく世界の中で変わらない色をゆっくりとご鑑賞ください。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 特別展「法然と極楽浄土」東京国立博物館
  2. 井上安治生誕160年記念「情景の絵師がみつめたModern times ガス燈ともる東京風景」展 ガスミュージアム
  3. 「生誕120年記念 黒田辰秋」鍵善良房
ページ上部へ戻る