「‐詩情と色彩の世界‐ 前田 伸子 ガラス絵展」札幌三越

夏色の物語】ガラス絵、F6号

名称:「‐詩情と色彩の世界‐ 前田 伸子 ガラス絵展」札幌三越
会期:2024年4月2日(火) ~ 2024年4月8日(月)
場所:本館9階 三越ギャラリー(Aギャラリー)※最終日は午後4時終了
住所:〒060-0061 札幌市中央区南1条西3丁目-8
TEL: 011-271-3311(代表)
URL: 札幌三越

【奏春】ガラス絵、F3号
【奏春】ガラス絵、F3号

札幌三越9年ぶり5回目となる本展は、10数年前から独自の技法を極め、全国各地で好評をいただいている珍しいガラス絵を展覧いたします。ガラス絵は、ガラスの裏から直接描画するため、制作下絵及び工程が逆転する難しい技法です。主に油彩絵具やガラス用樹脂の透過性を生かして何層も重ね、箔やコラージュを用いた多様な画法は、色彩が輝く宝石箱の様に魅惑的な世界です。 ぜひこの機会にご高覧ください。
◆作家在廊予定:4月5日(金)、4月6日(土)、4月7日(日)
前田伸子(NOBUKO MAEDA)
北海道出身。1979年東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻を卒業後、同修士課程修了。油彩画の制作と並行して2010年頃より独自のガラス絵制作を始め、色彩にこだわったストーリー性のある詩情豊かな作品を、個展やグループ展など全国各地で発表している。現在無所属。東京都在住。2007年第6回「北の大地ビエンナーレ展」(優秀賞受賞作品買い上げ)。2019年「北の大地ビエンナーレ受賞作家展」招待出品。

【雨音を聴く】ガラス絵、F3号

字以内で記入
【雨音を聴く】ガラス絵、F3号 字以内で記入
夏色の物語】ガラス絵、F6号
夏色の物語】ガラス絵、F6号

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「返還30年 岐阜の赤羽刀総覧ー美濃伝をたどるー」岐阜県博物館
  2. 「春岱-稀代の名工-」瀬戸市美術館
  3. 特別展「岩合光昭写真展 こねこ」秋田県立近代美術館
ページ上部へ戻る