「両洋のまなざし 石井光楓」千葉市美術館

「両洋のまなざし 石井光楓」千葉市美術館

名称:「両洋のまなざし 石井光楓」千葉市美術館
会期:2024年4月6日(土)〜2024年6月16日(日)
会場:千葉市美術館
開館時間:10:00 〜 18:00
   金曜日・土曜日は20:00まで
休室日:4月15日(月)、5月7日(火)、20日(月)、6月3日(月)
   ※第1月曜日は全館休館
入場料:一般 500円、大学生 400円、高校生・中学生・小学生 無料
住所:〒260-0013千葉県千葉市中央区中央3-10-8
TEL:043-221-2311
URL:千葉市美術館

「両洋のまなざし 石井光楓」千葉市美術館
「両洋のまなざし 石井光楓」千葉市美術館

「板倉鼎・須美子展」と同時開催の千葉市美術館コレクション展では、板倉夫妻と同時期にパリに留学した洋画家・石井光楓(1892-1975)を取り上げます。
夷隅郡浪花村岩船(現在の千葉県いすみ市)に生まれた石井光楓(本名・政二)は、日本画家である石井林響に師事したのち、22歳の頃に日本美術院研究所の門をたたき、洋画に転向しました。1921(大正10)年の第3回帝展出品作が特選候補となるなど着実に実力をつけていた光楓ですが、海の向こうへと憧れを抱き、留学を決意します。
30歳の光楓はまずアメリカへと向かい、続いてパリを目指しました。パリに到着した1925(大正14)年、アカデミー・ジュリアンにて本格的に洋画を学びます。1920年代のパリは、世界中から芸術家が集まり、さまざまな芸術潮流が花開くなど、創造的なエネルギーに満ちていました。エコール・ド・パリ全盛期の只中に身をおいた光楓は、藤田嗣治ら活気あふれる画家たちと交流をしながら、優れた描写力を身につけ、才能を開花させていきます。この頃の作品は特に東洋的な詩趣に富み、両洋の視座を得た光楓の作品は「ネオ・オリエンタリスム」なものとして注目を集めました。得意とした水彩画、そして実直に取り組んだ油彩画にはそれぞれ西洋と東洋のまなざしが注がれ、光楓の制作に対する探究心があらわれています。
1931(昭和6)年に帰国してからは主に春陽会に活躍の場を求め、1949(昭和24)年には会員となります。また、同年に郷里に戻った光楓は、千葉県立長生第一高等学校(現・千葉県立長生高等学校)にて美術を教え、教育者として後進育成にも尽力しました。
本展では、当館所蔵の光楓作品の中から滞欧米時代の作品を中心に展観し、画業60年の歩みを回顧します。

「両洋のまなざし 石井光楓」千葉市美術館
「両洋のまなざし 石井光楓」千葉市美術館
《シャートルのワシントン港レイキ》 制作年不詳、石井万里子氏寄贈
《シャートルのワシントン港レイキ》 制作年不詳、石井万里子氏寄贈
《フランスの農村》 1930年頃、石井万里子氏寄贈
《フランスの農村》 1930年頃、石井万里子氏寄贈
《[風景]》 制作年不詳、石井万里子氏寄贈
《[風景]》 制作年不詳、石井万里子氏寄贈
《読経》 制作年不詳、石井万里子氏寄贈
《読経》 制作年不詳、石井万里子氏寄贈

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 井上安治生誕160年記念「情景の絵師がみつめたModern times ガス燈ともる東京風景」展 ガスミュージアム
  2. 「アート&ミュージアム 色のいろいろ」高崎市美術館
  3. 総合展示「三國幽眠—勤王漢学者と京都」京都府京都文化博物館
ページ上部へ戻る